Menu
(0)

Search

マーベル新作『エターナルズ』正式発表、2020年11月6日米公開 ─ アンジェリーナ・ジョリー、リチャード・マッデンら出演

アンジェリーナ・ジョリー
Photo by Foreign and Commonwealth Office https://www.flickr.com/photos/foreignoffice/32592511734/

米マーベル・スタジオは、『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』に次ぐマーベル・シネマティック・ユニバースの新作として、映画『エターナルズ(邦題未定、原題:Eternals)』を2020年11月6日に米国公開する。2019年7月20日(米国時間)、ポップカルチャーの祭典「サンディエゴ・コミコン」にて正式に告知された。

『エターナルズ』は、数百万年前に地球を訪れた巨大な宇宙種族「セレスティアルズ」が人類への遺伝子実験によって生み出した種族「エターナルズ」を描く物語。エターナルズにはスーパーパワーとほぼ不死の肉体が与えられたが、時を同じくして邪悪な種族「ディヴィアンツ」も誕生。人類史の裏側にはエターナルズとディヴィアンツの存在があったとされる。

本作に出演するのは、『トゥームレイダー』シリーズや『チェンジリング』(2008)のアンジェリーナ・ジョリー、「ゲーム・オブ・スローンズ」(2011-2019)『シンデレラ』(2015)のリチャード・マッデン、『メン・イン・ブラック:インターナショナル』(2019)のクメイル・ナンジアニ、『ウォーキング・デッド」(シーズン9~)のローレン・リドロフ、「アトランタ」(2016-)『スパイダーマン:スパイダーバース』(2018)のブライアン・タイリー・ヘンリー、『デスペラード』(1995)『フロム・ダスク・ティル・ドーン』(1996)のサルマ・ハエック、子役リア・マクヒュー、そして『新感染 ファイナル・エクスプレス』(2016)のマ・ドンソク

米ComicBook.comによると、マッデンが宇宙の力を与えられた男性イカリス役を演じるほか、ジョリーがセナ役、ナンジアニがキンゴ役、リドロフがマカリー役、ヘンリーがファストス役、ハエックがエイジャックス役、ドンソクがギルガメッシュ役を演じるとのこと。

監督は『ザ・ライダー』(2017)がカンヌ国際映画祭で絶賛されたクロエ・ジャオ、脚本はマシュー&ライアン・ファーポが務める。

映画『エターナルズ(邦題未定、原題:Eternals)』は2020年11月6日に米国公開予定。

Sources: ComicBook.com(1, 2

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条として、海外の映画・ドラマを中心に執筆しています。日本国内の映画やアニメーションも大好きです。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly