Menu
(0)

Search

『エターナルズ』海外最速レビュー ─ 「マーベル史上最大の異色作」「最初から最後まで没頭した」「これはクロエ・ジャオの映画だ」

エターナルズ
(c)Marvel Studios 2021

2021年10月18日(米国時間)、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)映画エターナルズのワールド・プレミアがアメリカ・ロサンゼルスにて開催された。

『ノマドランド』(2020)でアカデミー賞に輝いたクロエ・ジャオ監督によるMCUの最新作は、幸いにもいち早く鑑賞の機会に恵まれた観客にどう受け止められたのか? この記事では、SNSに投稿された海外最速レビューより、もちろんネタバレはなしで、熱い感想をお届けしていく。

『エターナルズ』海外最速レビュー

エリック・デイヴィス(Fandango)

『エターナルズ』は華やかで風変わりで、そして豊かなMCUの新たな神話。ほかのすべてから切り離されているように感じます。本当に新鮮。夕日のショットに感じられるほろ苦さは、まさしくクロエ・ジャオ節。魂のこもった、思慮深い作品です。のめり込む物語はたっぷりと(数千年にもまたがる話ですから)ありますが、ジャオはうまくバランスを取っています。リア・マクヒュー、ブライアン・タイリー・ヘンリー、クメイル・ナンジアニが私のお気に入りでした。けれども全員が良く、全員に魅力的なパワーがあります。キャラクターが活きる、本当に素晴らしい場面もあります。」

アーロン・コーチ(The Hollywood Reporter)

「すごいボリューム。もしもマーベル映画がベン図、つまり重なるところのあるバリエーションだとしたら、この映画は図からはみ出しています。間違いなく、どのMCU映画ともまったく異なる映画。」

テッサ・スミス(批評家)

「すごい、『エターナルズ』は本物の傑作!!! 開始直後からアドレナリンが出る一方で、温かみとユーモアも詰まっています。MCUの初顔がたくさん登場し、驚かされるはず! コミックに敬意を払いつつ、完全にユニークなストーリー。エンドクレジットは革新(ゲームチェンジャー)!」

ブライアン・デイビッズ(The Hollywood Reporter)

「おそらく『エターナルズ』はマーベル史上最も野心的な映画。しかし私に言える最大の褒め言葉は、“これはマーベル映画ではなくクロエ・ジャオの映画だ”です。」

ウェンディ・リー・サニー(俳優・批評家)

『エターナルズ』はMCU映画史において最大の異色作。アクションシーンよりもキャラクターの関係性に焦点が当てられているのが新鮮。クロエ・ジャオのビジョンとスタイルがきちんと成功しています。」

クリス・オーフォルト(IndieWire)

いつもマーベル映画には退屈するのですが、『エターナルズ』には最初から最後まで没頭しました。最高ではなくとも良い映画であり、全編に魂がこもっている。ヒーローたちに性と愛と生があり、そこに発見と危機の感覚があるわけです。ヤングアダルト小説すれすれのエモーションは、まぎれもなく大胆な勝負でしょう。」

マット・ネグリア(Next Best Picture)

「いくつかの素晴らしいシーンと、見事に多様性に富んだキャストを除けば、『エターナルズ』にはガッカリしました。ストーリーは複雑かつ説明的で混乱しており、時間と舞台を飛び越えるもトーンがバラバラ。ラミン・ジャヴァディのスコアが盛り上がっても、残念ながらここにはクロエ・ジャオ独特のスタイルがない。」

スティーヴン・ウェインストローブ(Collider)

マーベル映画で私が好きなところは、彼らがストーリーの新しい語り方を常に見つけ出している点。『エターナルズ』は撮影が美しく、過去のMCU映画とはルックがまったく異なります。ストーリーでもいくつかのどんでん返しに驚かされました。2つのポストクレジットシーンも最高。」

ローラ・シリクル(ライター・編集者)

「これほどストーリーにのめり込んだことはありません。映画として美しい作品で、私はまるごと没頭しました。あらゆるものを取り込みながら、製作陣はそれらすべてを見事に咀嚼しています。MCUとはまるで異なる感覚で、まるで独自のユニバースのよう。大好きでした。」

ピーター・サイレッタ(/Film)

「『エターナルズ』は驚きのある、壮大で美しく、しかし濃厚な一作。思い切った挑戦をしており、DC映画のように感じられる場面もあれば(批判ではありません)、過去のスーパーヒーロー映画にはなかったような場面もあります。すぐに好意的な言葉が出てくればいいのですが、複雑な思いもあるのです。」

スコット・メンゼル(We Live Entertainment)

『エターナルズ』はマーベル版『ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット』。知られていないキャラクターたちによって、最高の成果をやってのけています。クロエ・ジャオの演出は素晴らしく、あきらかにマーベル映画史上最高のルックのひとつでしょう。ポストクレジットシーンもとんでもない。」

ジャクリーン・コーリー(Rotten Tomatoes)

「MCU映画25作ののち、クロエ・ジャオは『エターナルズ』で全く新しい方向性を打ち出しました。フランチャイズは成熟し、この作品は、これから起こりうる可能性のほんの始まりにすぎません。息を呑むような映画の中で、クメイル・ナンジアニが笑わせてくれ、ジェンマ・チャンに心温まりました。」

映画『エターナルズ』は2021年11月5日(金)全国公開

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly