Menu
(0)

Search

『エターナルズ』アンジェリーナ・ジョリー、カメオ出演だと勘違いしていた ─ オファー当時をプロデューサーが振り返る

エターナルズ
(c)Marvel Studios 2021

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の新作映画『エターナルズ』で、最強の女戦士セナを演じているアンジェリーナ・ジョリーは、自分自身の出演をカメオ登場程度にしか思っていなかったという。プロデューサーのネイト・ムーアが振り返っている。

ジョリーが演じるセナは、10人いるエターナルズのメンバーで最も危険な戦士と言われている。一方で、脅威として立ちはだかるディヴィアンツ打倒のためには、セナが持つ戦闘力が欠かせず、映画でも大きな役割を果たすことになる。

しかし、プロデューサーを務めるネイト・ムーアが米Comicbookに語ったところによれば、最初のミーティング時、ジョリーはなぜかカメオ出演の依頼であると勘違いしていたようだ。ムーアは以下のように語っている。

私たちが初めて話を持ちかけた際、彼女は本当に小さなカメオをお願いされていると考えていらっしゃりました。なので、役割の大きさには驚いていたと思います。

カメオ登場が頻出するMCUのことだから、オファーを受けたジョリーも部分的な出演だと思ったのだろうか。あるいは、以前ジョリーが「私はスーパーヒーローものやSF映画には日常的に傾倒していないんです」と語っていたように、『エターナルズ』への本格出演が信じられなかったのかもしれない。

事実、ジョリーにとって、スーパーヒーロー映画は「日頃から追い求めているようなものではない」と興味の範囲外であったという。しかし、ジョリーは『エターナルズ』に「何か別のものを感じた」と出演を決意。ジョリーは「とてもキャラクター重視の作品だったんです」と参加の決め手を話していた。

ちなみにジョリーによれば、『エターナルズ』への出演を一番喜んでくれたのは、6人の子どもたちだったのだとか。ジョリーは「子どもたちはファンとしてではなく、“お母さんならできるよ”というように出演を後押ししてくれました」と明かしていた。

Source: Comicbook,Empire(参照:The Direct),Collider

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly