Menu
(0)

Search

『エターナルズ』PG-13指定で米公開へ ─「わずかな性描写が含まれるため」

エターナルズ
(c)Marvel Studios 2021

『ザ・ライダー』(2017)『ノマドランド』(2020)のクロエ・ジャオ監督・脚本、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)による『エターナルズ』(2021年11月5日公開)が、PG-13指定で米国公開されることが判明した

アメリカ映画協会によると、PG-13指定とされた理由は「ファンタジー・バイオレンスとアクション、いくつかの不適切な言語わずかな性描写が含まれるため」とのことだ。PG-13指定に設定されること自体は、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)『シャン・チー/テン・リングスの伝説』(2021)などでも同様だったため、決して珍しいことではない。ただし気になるのは、「わずかな性描写が含まれる」という文言だ。

セレスティアルズという名の宇宙種族が人類への遺伝子実験で生み出した特殊種族、“エターナルズ”を描く本作では、エターナルズのメンバーであるセルシを巡る三角関係の恋模様が描かれると以前から示唆されていた。その相手となると予想されているのが、同じくエターナルズのメンバーであるイカリス、そしてコミックでは天才的な知性と武器を操る能力を持つ普通の人間、デーン・ウィットマンだ。この三人の恋愛模様を描く上でわずかな性描写が登場するのかもしれない。

『エターナルズ』は、7,000年にわたる一大群像劇。出演者はアンジェリーナ・ジョリー、『クレイジー・リッチ!』(2018)のジェンマ・チャン、「ゲーム・オブ・スローンズ」のリチャード・マッデン&キット・ハリントン、『新感染 ファイナル・エクスプレス』(2016)のマ・ドンソク、『ゴジラvsコング』(2021)のブライアン・タイリー・ヘンリーのほか、クメイル・ナンジアニ、サルマ・ハエック、ローレン・リドロフらが名を連ねている。

『エターナルズ』は2021年11月5日(金)公開。

Source:Film Ratings

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly