『アベンジャーズ4』後の新章開く?映画『エターナルズ』企画進行中、新鋭脚本家が起用される

今ひっそりと、マーベル・シネマティック・ユニバースに新たなる1ページが開かれようとしている。
米マーベル・スタジオが、来たる新作映画『エターナルズ(仮題)』のために脚本家を雇ったというのだ。米Hollywood Reporter誌が報じている。

1976年にコミックの巨匠ジャック・カービーが初登場させたエターナルズとは、何百万年も前に地球を訪れた巨大な宇宙種族セレスティアルズが、人類への遺伝子実験によって生み出した種族。エターナルズにはスーパーパワーとほぼ不死の肉体が与えられたが、時を同じくして邪悪な種族であるディヴィアンツも誕生している。その後、人類史の裏側にはエターナルズとディヴィアンツの存在があったという設定だ。
なお映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)にヴィランとして登場したサノスは、コミックにおいてエターナルズの末裔であり、彼らの能力を継承している。

このたび『エターナルズ』の脚本家として起用されたのは、テレビドラマやドキュメンタリー、短編映画の製作に携わってきた新鋭マシュー&ライアン・ファーポ
2017年には長編映画の脚本として『ルイン(原題:Ruin)』を執筆しており、この作品は映画化されていない優れた脚本が選出される「ブラックリスト」に掲載されている。第2次世界大戦後を舞台とした復讐劇で、2017年10月には『ワンダーウーマン』(2017)のガル・ガドットが出演交渉に入っていたものの、2018年5月時点の状況は不明だ。

なお『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の公開直前である2018年4月下旬、マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長は『エターナルズ』の製作を検討していることを米The Wrapの取材にて明かしていた。ただし、その時は「話し合いを始めているものは非常にたくさんあって、『エターナルズ』はそのうちのひとつ」と語った程度。しかし早くも脚本家が起用されたあたり、かなり現実的に企画が進められているとみていいだろう。

2019年『アベンジャーズ』第4作(正式タイトル不明)をもって、マーベル・シネマティック・ユニバースの過去10年間の物語は大きな区切りを迎える。宇宙との関わりが深いエターナルズだが、もしかして『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3(仮題)』がなんらかの繋がりを示唆することになるのだろうか?

Sources: THR(1, 2), The Wrap

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。