Menu
(0)

Search

『エターナルズ』チームメンバーのコスチューム、『X-MEN』のように統一しなかった理由とは?

エターナルズ
(c)Marvel Studios 2021

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)による『エターナルズ』は、“アベンジャーズ”の誕生よりもはるか昔から地球に存在し、7000年もの間、人類を見守ってきた10人の守護者、“エターナルズ”を描く一大群像劇。守護者たち全員が本作にて初登場となるわけだが、それぞれの個性を表現するため、あえてコスチュームを統一させなかったようだ。

Screen Rantのインタビューにて、『エターナルズ』のプロデューサーであるネイト・ムーアは、登場人物の多い作品でのチャレンジのひとつが、「侮辱する意図はありませんが、X-MENのようなブラックのユニフォームを全員に着せないことでしょう」と説明している。「つまり、それぞれに個性を与えながら、全体としてのまとまりを感じさせることです」。

アイアンマンやキャプテン・アメリカをはじめとするアベンジャーズのメンバーは、それぞれが異なる背景や場所から集まったヒーローチームだったため、コスチュームが異なるのは必然とも言えるだろう。しかし、エターナルズのメンバーは、今でこそそれぞれが世界各地で現代社会の中で別々に暮らしているが、もともとはセレスティアルズによって生み出された同じ宇宙種族。つまり、ネイト・ムーアいわく、それぞれのメンバーに個性を与えながらも、そのコスチュームから「全員が同じところから来ていると感じさせなければなりません」とのことだ。

つづけて、コスチューム・エフェクト・スーパーバイザーのイヴォ・コヴェニーは、「ディテールやすべてのピースを観てみると、そこには言語が存在することがわかります」と説明している。「繰り返し登場するアイコンがあり、それが彼らを結びつけているのです」「それぞれが独立したキャラクターでなければならなかったのです」。果たして、そこには一体どんな共通した“言語”が存在するのだろうか。こだわりの衣装にも注目の大作映画『エターナルズ』は、2021年11月5日に公開予定だ。

Source:Screen Rant

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly