Menu
(0)

Search

クリス・エヴァンス、ドウェイン・ジョンソンのクリスマス冒険映画『Red One』に出演決定

Chris Evans photo by Gage Skidmore https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Chris_Evans_SDCC_2014.jpg | Dwayne Johnson photo by Eva Rinaldi https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Dwayne_Johnson_2014(Cropped).jpg

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)『キャプテン・アメリカ』シリーズ、『アベンジャーズ』シリーズのキャプテン・アメリカ/スティーブ・ロジャーズ役で知られるクリス・エヴァンスが、ドウェイン・ジョンソンの新作映画『Red One(原題)』に出演することが明らかとなった。米Deadlineが報じている。

2021年6月に製作が発表されたAmazon Studios製作の『Red One』は、クリスマスをテーマにした「全年齢対象、世界を股にかけるアクション・アドベンチャー・コメディ」だと紹介されている。本企画はプロットの詳細が伏せられているが、「ホリデー・ジャンルを掘り下げる新たなユニバース」とも発表されているだけに、現時点からシリーズ化が想定されているようだ。

エヴァンスが演じるキャラクターに関する情報も明かされていないが、Deadlineが「ドウェイン・ジョンソンの反対に位置する役で」とエヴァンスの出演を報じていることから、もしかしたら悪役を演じる可能性があるかもしれない。悪役といえば、エヴァンスはMCU映画4本でタッグを組んだジョー・ルッソが監督を務めるスパイ・アクション映画『The Gray Man(原題)』で悪役に挑むことが決定している。『Red One』でエヴァンスが演じる役柄が何であれ、ジョンソンとの顔合わせが超豪華であることは間違いない。

『Red One』でメガホンを取るのは、ジョンソンが『ジュマンジ』シリーズで組んだジェイク・カスダン。プロデューサーにはドウェインとカスダン監督のほか、ドウェインの製作会社Seven Bucks Productionsからダニー・ガルシアとハイラム・ガルシアが参加。ハイラムの原案を基に、『ワイルド・スピード』シリーズ7作で脚本・製作総指揮を務めたクリス・モーガンが脚本を手掛け、モーガンはプロデューサーにも名を連ねている。

ジョンソンとエヴァンスが共演を果たす映画『Red One(原題)』は、2022年内に撮影開始の予定。

Source:Deadline

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly