Menu
(0)

Search

『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』海外最速レビュー ─ シリーズの原点回帰、「『ワイスピ』究極体」「とんでもないアクション」

ワイルド・スピード/ジェットブレイク
© 2020 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

ワイルド・スピード』シリーズ最新作『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』が、2021年6月29日に本国アメリカにて封切られる。これに先がけ、韓国・香港では同年5月19日、中国・台湾では5月21日より上映がスタート。コロナ禍により1年以上の公開延期を余儀なくされた本作は、前作『ワイルド・スピード ICE BREAK』(2017)以来4年ぶり、満を持してのお披露目となる。

本国では、『ジェットブレイク』を一足先に鑑賞した批評家やジャーナリストたちによるレビューが続々と到着している。全11作での完結を前に、主人公ドムの知られざる弟ジェイコブが登場したり、死んだと思われていたハンら過去作のキャラクターが復活したりと、期待と謎に満ちた本作はどう評価されるのか。本国主要メディアからいくつかの意見をご紹介しよう。

『ワイスピ』らしさ全開のアクション、ファミリーの原点

ティム・グリアソン(Screen Daily)

「素晴らしいほどに馬鹿げていて、主張が強くメロドラマ的。『ワイスピ9』は、独自のおかしなエネルギー満タンに、コミカルで大掛かりなカーチェイスシークエンスや恥ずかしげもないファンサービスを届けてくれる。全ては単純明快な良いひとときを観客に与えるためである。」

アロンソ・ジュラルデ(The Wrap)

「こういった映画では、信じられないような物語を受け入れていく必要がある。その代わりとして、(第6作ぶりに復帰する『ワイスピ』最高の監督である)ジャスティン・リンが、『Cannonball Run(原題)』で競い合うワイル・E・コヨーテとM・C・エッシャーのように、車を大量破壊した息を呑むような大混戦を作り出してくれる。」

モリー・フリーマン(Screenrant)

「『ワイスピ9』を観た。さいっこうに楽しい!必ずしもさらに大規模になってはいなくても、アクションは新鮮で革新的のように感じられる。それがファミリーというテーマの上に築き上げられた賢い方法でジョン・シナ演じるジェイコブと織り交ぜられていく。本当の思いやりを与えてくれる。これぞ『ワイスピ』究極体だそしてハンは今でも最高!

デイビット・アーリック(Indiewire)

「これまでの『ワイルド・スピード』史上最大かつ最も馬鹿げた映画であることは疑う余地もない。(何について話しているのかは観れば分かるだろう)。しかし、シリーズの原点に立ち返ってくれてもいる。エンジンがかかるまでに時間はかかるが、最終的には魅了された。

マイク・レイズ(CinemaBlend)

「封は切られた。『ワイスピ9』は最高だった!ジャスティン・リンの復帰が上位に入る。あの重要な誰かさんへの満足のいく答えも。アクションは純粋で狂ったアドレナリンを出し続け、物語は興奮の深みを更に増している。間違いなくこの上ない大ヒット作になるだろう。」

オーウェン・グレイバーマン(Variety)

「成功したフランチャイズというものは、ときに思いがけない形で別のシリーズへと変貌を遂げることがある。『ミッション:インポッシブル』が時間をかけて『ボンド(007)』になり、『ワイルド・スピード』が『ミッション:インポッシブル』になった。しかし、『ワイスピ9』は、ワクワクするようなミッションの上に構築された作品ではない。トレット兄弟の過去の苦悩を演じるヴィン・ディーゼルとジョン・シナの基に成立しているのだ

ファミリーを巡る筋は“機能”してはいるが(シナのキャラクターがどれだけ薄っぺらく書かれていると知っていても)、十分な支えにはなっておらず、むしろ言い訳のようなものだ。」

ジョン・デフォー(The Hollywood Reporter)

「最高の状態で、最後には世界を救う『ワイスピ』映画は、それがどんなに馬鹿げて笑い者になってきたとしても、観客にスリリングなスタントを魅せてきた。しかし、『ワイスピ9』は、これを止めてしまうかもしれない。ほとんどがスリルさに欠けていて、離れ業もばかげている。後ろめたさを感じながらも全く受け入れられるものではない。」

スティーブン・ワイントローブ(Collider)

「昨夜、『ワイスピ9』をロサンゼルスの映画館で観ました。頂点に達するとんでもないアクションシーンの時に聞こえた大笑いの声が最高だった。

心配なさらずに。予告編では何もネタバレされていないので。ファンはすごく楽しめるでしょう。」

『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』は、2021年8月6日(金)全国公開。

あわせて読みたい

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly