Menu
(0)

Search

『ワイスピ』新作、コロナ禍以降最大ヒット作になる見込み ─ 中国でまもなく公開、『ゴジラvsコング』超えの予測

ワイルド・スピード/ジェットブレイク
© 2020 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved...

ワイルド・スピード/ジェットブレイクが、コロナ禍以降最大のロケットスタートを切ることになりそうだ。

本作は韓国と香港で、一足先に2021年5月19日より上映スタート。続いてロシアと中東で20日より、中国と台湾では21日より先行公開され、本国アメリカは6月25日に公開となる。日本公開はやや遅れて8月6日だ。

発進に向けエンジンを温めているこの新作を、業界は大きく期待視している。海外興行収入予測は、初週末で1億6,000万〜1億8,000万ドル以上の見込みだ。米Varietyは専門家の声として、パンデミックの状況が世界各国で異なるため興収予測が立てづらくなっており、実際にはこの金額以上の成績を収めることもあり得ると伝えている。少なく見積もっても、コロナ禍以降のハリウッド映画として最高額になるというから、映画業界が復活しつつあることを実感させてくれる。

『ワイスピ』は一大市場の中国で絶大な人気を誇っており、シリーズ前作の『ワイルド・スピード ICE BREAK』(2017)は、世界興収12億3,600万ドルのうち、実に3分の1となるおよそ4億ドルを中国のみで稼ぎあげている。これは本国アメリカの2億2,600万ドルすら超える大当たりぶりで、グローバルでは文字通り桁違いの成績だ。

本作『ジェットブレイク』は中国で、公開を前にして既に前売券で1,050万ドルを売り上げている。米Deadlineは、中国でのオープニング成績が1億4,000万ドル前後になるとも分析している。

現時点までにコロナ禍以降の最大ヒット作となっていたハリウッド映画は『ゴジラvsコング』(2021)で、アメリカでは初週末3,400万ドル、累計は1億の大台を前にわずかに及ばず9,500万ドル。全世界累計では4億2,700万ドルの成績で、中国の初週末は6,920万ドルだった。『ワイスピ』は中国人気も相まって、『ゴジラvsコング』の興収を凌ぐ見込みだ。

映画『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』は、2021年8月6日(金)全国公開。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly