Menu
(0)

Search

『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』ドムの弟は「シリーズ史上最大の敵」に ─ 演じるジョン・シナが予告

ワイルド・スピード/ジェットブレイク
© 2020 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved...

20年にわたって愛され続けてきた人気カーアクション映画『ワイルド・スピード』シリーズの最新作『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』では、意外な人物がドミニク・“ドム”・トレット率いるファミリーの前に立ちはだかる。これまで存在が明かされてこなかったドムの弟ジェイコブだ。

すでに公開されている予告編では、トレット兄弟をめぐる過去の因縁が垣間見られ、ジェイコブは兄のドムに並々ならぬ復讐心を燃やしている模様。加えてジェイコブは、前作『ワイルド・スピード ICE BREAK』(2018)でファミリーの分断を図った強敵サイファー(シャーリーズ・セロン)と手を組んでもいるようだ。そんなジェイコブについて、演じるジョン・シナは「ドムにとって史上最大の敵になる」と豪語している。

主演&製作を務めるヴィン・ディーゼルからのオファーによりジェイコブ役に抜擢されたシナは、「この機会を得た責任を甘く見るようなことは間違いなくしませんでした」と、シリーズ参加にあたっての並々ならぬ思いを、2021年4月中旬に開催された記者会見の場で語っている。「私は、世界的な大ヒット作の基礎を作り、構造を築いたファミリーの恩恵に預かっているんです」。こうした謙虚な姿勢を示す一方で、シナはヴィランとしての覚悟も語る。

トレットという名字を分け与えてもらい、ドムにとって史上最大の敵になるべく、第9作に招いてもらいました。このことは忘れてはなりません。まずはそこから始めないと。敬意を持つことから始めなきゃいけないんです。」

注目すべきは、ジェイコブがいかにしてドムを追い詰めるのかということ。サイファーと結託するだけあり、その企みが大規模であることが予想される。他方、「弟との確執」というドムにとってシリーズ史上最もプライベートな問題が火種でもあるため、ドムとジェイコブによる最終決戦なんていう展開も待っているのだろうか。

あわせて読みたい

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly