Menu
(0)

Search

「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」3月19日に配信開始、予告編も公開

ファルコン&ウィンター・ソルジャー
© 2020 Marvel

マーベル・シネマティック・ユニバースのドラマシリーズファルコン&ウィンター・ソルジャー(原題)」が、2020年3月19日にDisney+にて日米同時配信となることがわかった。あわせて、米国版予告編が公開された。

ファルコン&ウィンター・ソルジャー」は、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)後の世界を舞台に、ファルコン/サム・ウィルソン(演:アンソニー・マッキー)、ウィンター・ソルジャー/バッキー・バーンズ(演:セバスチャン・スタン)による新たな冒険が描かれる。スティーブ・ロジャースから盾を継承したサムは、予告編の冒頭から「あの盾は大変なシロモノだ」とつぶやく。

クリント・イーストウッド特集

バッキーいわく、いまや「世界はひっくり返ってしまった」。人々は支持するものを、“象徴”を求めているのだ。短い映像のなか、次々と映し出されるのは、華々しく花火が上がるスタジアム、昼夜を問わないカーチェイス、銃撃戦、爆発、そして空を滑るファルコンの姿……。笑顔を浮かべ、マスクをかぶって暗躍する女性の存在も気になるところだ。

キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014)に近い作風といわれる本シリーズらしく、予告編にはアクションがたっぷり。しかし、サム&バッキーといえば二人の掛け合いも見どころだ。サムが「サイボーグの脳みそで何を考えてるんだ?」と聞けば、バッキーは「お前が知りたくないことだ」と応じる。これを聞いたサムが「見えるぞ、頭の中で機械が動いてる。すごい、作動してる! 最高だ!」と茶化すと、バッキーは「お前、大っ嫌い」。

出演者はアンソニー&セバスチャンのほか、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)からエージェント13/シャロン・カーター役のエミリー・ヴァンキャンプ、ヘルムート・ジモ/バロン・ジモ役のダニエル・ブリュールが続投。監督は「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」のカリ・スコグランド、脚本は「Empire 成功の代償」マルコム・スペルマン、『ジョン・ウィック』シリーズのデレク・コルスタッドが務める。

ドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー(原題)」は2020年3月19日にDisney+にて日米同時配信開始。本作はもともと2020年8月に配信予定だったが、新型コロナウイルスの影響で撮影が一時中断され、延期となっていた。Disney+のMCUドラマ作品としては「ワンダヴィジョン」に続いての登場となる。

Disney Investor Day 2020発表ラインナップまとめ(更新中…)

スター・ウォーズ

スター・ウォーズ発表全まとめ
ヘイデン・クリステンセン再登場
ローグ・ワン前日譚
アソーカ単独ドラマ
新アニメ登場
パイロット描く新作映画
日本製アニメシリーズが始動
新共和国軍の戦士描く新ドラマ
ランド・カルリジアンの新シリーズ
SW初のミステリー・スリラー
R2-D2とC-3POによる映画も

マーベル・スタジオ

ロキが帰ってくる
アントマン3のタイトル
ついにファンタスティック・フォーが
ウォーマシンのドラマ?
ガーディアンズのホリデースペシャル
アイアンマンの後継者描く
ベビー・グルートの短編シリーズ
ファルコン&ウィンター・ソルジャー、3月配信
ニック・フューリー&タロスで「シークレット・インベージョン」
MCUの“もしも”アニメ「What If...?」予告編
『キャプテン・マーベル2』公開日&新キャストが発表
ドラマ「ミズ・マーベル」特報映像
『インクレディブル・ハルク』ティム・ロス、MCUに復帰
「ワンダヴィジョン」予告第2弾
『マイティ・ソー/ラブ&サンダー』クリスチャン・ベールの役どころ判明
『ブラックパンサー』続編、チャドウィック・ボーズマン代役は起用せず

ディズニー

『魔法にかけられて』続編
『モアナ』『ベイマックス』『ズートピア』新シリーズが始動
実写版『ピノキオ』『ピーターパン』Disney+へ
『ライオン・キング』ハンス・ジマー&ファレル・ウィリアムズ続投
『ラーヤと龍の王国』米劇場公開と同時に配信
長編アニメ最新作『Encanto』2021年秋に米公開へ

ピクサー

バズ・ライトイヤーの単独映画、クリエヴァが声優で
『カーズ』新作シリーズ
『カールじいさんの空飛ぶ家』スピンオフ作品が進行中

その他

ドラマ「エイリアン」正式始動
ドラマ版「パーシー・ジャクソン」ロゴが初披露
『ナイト ミュージアム』アニメ化決定
『インディ・ジョーンズ』第5作が2021年春に撮影開始

ほか更新中

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。外部寄稿に『TENET テネット』『ジョーカー』『シャザム!』『ポラロイド』劇場用プログラム寄稿など。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly