Menu
(0)

Search

『ザ・バットマン』ペンギン役コリン・ファレル、脚本を絶賛 ─「美しく、ダークで、心打たれる」

コリン・ファレル
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/27995501294/ Remixed by THE RIVER

DCコミックスの誇る人気ヒーロー、バットマンの新たな単独映画『ザ・バットマン(原題:The Batman)』の脚本を、出演者のコリン・ファレルが絶賛した。『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(2016)や『ダンボ』(2019)など、大作映画への出演も相次ぐファレルは、本作で人気ヴィランのペンギンを演じる。

テレビ番組「ジミー・キンメル・ライブ!」に登場したファレルは、ペンギン役を演じることを認めるや、「普通は背の低い、太った俳優が演じる役ですよね?」と尋ねられて「まだ食べる時間はありますから」とジョークで応答。続けて、『猿の惑星』シリーズのマット・リーヴス監督が手がけた脚本の感想を語っている。

「監督のマット・リーヴスと話し合っているところです。彼が脚本を書いたんですが、実に美しくて、ダークで、心打たれる脚本ですよ。とても素晴らしい。[中略]何も言えないんですが、とても良い脚本で、本物の愛情がこもっている。今は、キャラクターをどうデザインするかの仕上げに入っているところです。」

『ザ・バットマン』では若き日のブルース・ウェイン/バットマンの物語が描かれ、主演俳優には『トワイライト』シリーズや『グッド・タイム』(2017)などのロバート・パティンソンが就任。セリーナ・カイル/キャットウーマン役で『ファンタスティック・ビースト』シリーズのゾーイ・クラヴィッツ、エドワード・ナッシュトン/リドラー役で『プリズナーズ』(2013)などのポール・ダノ、ゴードン刑事役で『007』シリーズのジェフリー・ライトが出演する。ファレルは「最高のキャスト」と共演者との仕事にも期待を寄せた。

なお、本作は2020年初頭から撮影開始と伝えられており、2019年12月下旬にはパティンソンのリハーサルも始まっていた。ファレルが今回の番組に出演したのは2020年1月23日(米国時間)だが、撮影が始まるまでは「あと3週間」とのこと。撮影は2月中旬までに始まり、その頃にはファレルも合流しているものとみられる。

映画『ザ・バットマン(原題:The Batman)』は2021年6月25日に米国公開予定

あわせて読みたい

Source: Jimmy Kimmel Live

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。劇場用プログラムや各種媒体への寄稿なども喜んで承りますので、お気軽にお尋ねください。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly