Menu
(0)

Search

『ワイルド・スピード』シリーズで最も影が薄い?2作目『X2』と3作目『X3 TOKYO DRIFT』を振り返る

大ヒットシリーズ第8作目、現在公開中の『ワイルド・スピード ICE BREAK』。相変わらずのド派手なカーアクション、ますますパワーアップしているドムやホブスの筋肉っぷり、そしてそんな筋肉おじさんたちの”良いパパ”感が話題となっている今作品。皆さんもうご覧になっただろうか? 

2001年にはじまり、15年以上も絶大な人気を持って世界を疾走し続けている『ワイルド・スピード』シリーズ。新作が公開するにあたって今回改めて振り返りたいのがシリーズ第2作目『ワイルド・スピードX2』と3作目『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』である。このタイトルを観たときに「あれ、どんな話だっけ?」とすぐに内容を思い出せない方、意外と少なくないのではないだろうか。 


『ワイルド・スピード』の近年の作品に登場しているのは、ドムやレティやローマンやテズ、そして『ワイルド・スピード MEGA MAX』から大きな存在感を見せているドウェイン・ジョンソン演じるホブス、そしてとんだ悪役っぷりを見せているルーク・エヴァンスとジェイソン・ステイサム演じるショウ兄弟だ。

There’s no such thing as “safe” when he’s hunting you. #Furious7

The Fate of the Furiousさん(@fastandfuriousmovie)がシェアした投稿 –

ところが『ワイルド・スピードX2』にドムやレティは出演しておらず、また『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』には『EURO MISSION』で死亡してしまったハンしか主要メンバーが出演していない(ドムもカメオ出演のみ)。そんな理由から第2作目と3作目は、少々影が薄い作品になってしまっているのである。

そこで今回はそんな『ワイルド・スピード』2作目と3作目がどんな作品だったか、登場人物と一緒に振り返ってみたい。 

『ワイルド・スピードX2』

この作品の舞台はマイアミ。1作目で警官の職を失ったブライアンはマイアミに流れ着き、ストリートレーサーとして生活していた。そこで検挙されてしまったブライアンは犯罪歴と引き換えに、麻薬組織の潜入捜査に協力する……。

この『ワイルド・スピードX2』で初登場を飾るのが、現在もファミリーの一員として活躍する“メカオタク”のテズ“お調子者のスキンヘッド”ローマンである。この作品で、テズはマイアミのストリートレーサーを仕切る男として登場。ローマンは元々ブライアンの友達で、警察に御用となっていたがブライアンと共に捜査に協力する“バディ”として描かれている。 

この『ワイルド・スピードX2』ではあの有名ドラマに出演している俳優も友達役で出演している。ブライアンのマイアミのストリートレーサー仲間、オレンジを演じるのはアマウリー・ノラスコ。彼がマイアミを出てスクレと名前を変え、プリズンをブレイクしたかどうかは定かではない。 

Behind the scenes on the #PrisonBreak set. 📷: @amaurynolasco

Prison Breakさん(@prisonbreak)がシェアした投稿 –

本作品のヒロインはエヴァ・メンデス演じるモニカ捜査官だが、デヴォン青木演じるレーサー仲間のスーキーもとびっきりキュートだ。男達をおさえての見事な走りっぷりを、どこか懐かしいギャルファッションに身を包んでフレッシュに演じている。

pantsuit pitstop F1 weekend ! @steveaoki @jbailey13b

Devon Aokiさん(@devonaoki)がシェアした投稿 –

地元に大集合!ポールの勇姿にも注目

近年の『ワイルド・スピード』はとにかくストーリーの規模が大きい。『ICE BREAK』で対峙する敵はシャーリーズ・セロン演じるサイバー・テロリストだ。もはや車の腕が必要かどうか疑問に思えるぐらい、世界規模の戦いになっている。

しかしこの『ワイルド・スピードX2』の魅力は、あふれるばかりの地元感だろう。麻薬組織を相手にしているとはいえ、舞台はずっとマイアミ。地元の友達を総動員しての戦いはなんだか途中で微笑ましくなってしまう。しかし、アクションはやっぱり迫力満点! 若きポール・ウォーカー演じるブライアンの姿もクールで勇ましく、いつ観ても楽しい気分になれる作品なのである。 

『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』

タイトルの通り舞台を東京に移したのが、第3作目『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』だ。あまり芳しくない興行成績に終わってしまったのは、シリーズ全体の物語とはあまり関係がない、完全に独立した物語になっていることに原因があるかもしれない。 

今作の主人公は高校生、ショーン。車が生きがいの彼はある日同級生の挑発に乗ったレースで事故を起こしてしまう。母親に愛想を尽かされたショーンが暮らすことになったのは、東京の米軍基地で働く父親の家。そこでハンと出会い、ドリフトを学んでいくといった物語だ。 

この『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』は、時系列的には『ワイルド・スピード EURO MISSION』以降のストーリーである。ハンはこの作品で事故によって死んだことになっているが、『SKY MISSION』ではデッカード・ショウによって殺害されたことになっているのだ。 

Join @DeliciousSungKang for a live Q&A on Twitter tomorrow! Ask your #Fast6 questions using #FastChat!

The Fate of the Furiousさん(@fastandfuriousmovie)がシェアした投稿 –

つっこみ所は多いものの……

やはり、シリーズの中で一番つっこみ所が多いのはこの『X3 TOKYO DRIFT』ではないだろうか。ショーンが通う高校の学食がなぜか旅館の食事のようであったり、廊下に「オアシス」という張り紙がされてあったり、ショーンの学ランの第一ボタンがなぜかお花の形をしていたりと挙げればキリがない。

ちなみに本作では、日本の俳優たちも何人か登場しているのも楽しみのひとつだ。たいてい『ワイルド・スピード』のスターターたちはセクシーな美女だが、この『X3 TOKYO DRIFT』で東京のレースのスターターを演じているのは妻夫木聡。一瞬だがめちゃくちゃ格好良いその姿と、千葉真一の圧倒的な存在感も注目したいポイントである。

その後の物語とはあまり関係ない、独立した映画となっている第3作目。少々(いや、かなり)つっこみたいポイントはありつつも、ハンやショーンが見せるドリフトテクニックは他の作品に負けず劣らず抜群のキレを見せている。まだ観たことがない方は、この機会にぜひご覧になってみてはいかがだろうか? 

全世界を熱狂させ続ける『ワイルド・スピード』シリーズ。今回の『ワイルド・スピード ICE BREAK』は、ワイスピ最終章3部作の第1作だ。ドム率いるファミリーはこれからどんな運命をたどるのか? これまでの作品を振り返りつつ、引き続き“ワイスピ祭り”に備えよう。

Writer

Moeka Kotaki
Moeka Kotaki

フリーライター(1995生まれ/マグル)

Ranking

Daily

Weekly

Monthly