Menu
(0)

Search

『ワイルド・スピード』シリーズ全作、米映画館で無料上映へ ─ 劇場復活の後押しとなるか

ワイルド・スピード/ジェットブレイク
© 2020 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

2021年6月25日に初公開を控える『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』に先がけて、ワイルド・スピード』シリーズ全8作がアメリカの映画館にて無料上映される。製作を担当する米ユニバーサル・ピクチャーズが発表した。

「FastFridayScreenings」と名付けられた本プロジェクトは、シリーズ第9作『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』のプロモーションの一環として企画されたもの。公式サイトによれば、2021年4月30日に第1作『ワイルド・スピード』が、AMCやRegal Cinemaをはじめとする映画館で再上映。以降、6月18日まで毎週金曜日に各作品が上映される。シリーズのファンだけでなく、『ワイスピ』を観たことがないファンにとってはまたとない企画となる。

日本での『ジェットブレイク』公開は2021年8月6日。同様の企画がアメリカ以外の国でも実施されるかどうかは定かでないが、これを望むファンは多いはずだ。また本作は、苦境に立たされた映画館業界にとって、客足を取り戻すための頼みの綱でもある。「FastFridayScreenings」も、復活を大きく後押しするものとなるだろう。

最新作『ジェットブレイク』では、過去作品に登場したファミリーが再登場を果たす。シリーズ第3作『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』(2006)からは、死んだと思われていたハン(サン・カン)をはじめ、ショーン(ルーカス・ブラック)やアール(ジェイソン・トビン)、トゥインキー(バウ・ワウ)が揃って復活。シリーズ第7作『ワイルド・スピード SKY MISSION』(2013)からは、ミア(ジョーダナ・ブリュースター)も帰ってくる。

映画『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』は、2021年8月6日全国公開予定。

あわせて読みたい

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly