Menu
(0)

Search

【レポート】『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』ジャパンプレミア ─ なぜダンブルドアはニュートを選んだの?(写真176枚)

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』ジャパンプレミア
©THE RIVER

“ハリー・ポッター魔法ワールド”最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』世界行脚のプレミアムツアーを締めくくるワールドツアー ファイナルプレミア in JAPANが2018年11月21日、東京・六本木で盛大に開催された。(記事最後に写真ギャラリー176枚あり)

2年ぶり4回目の来日となるエディ・レッドメイン(ニュート役)、6年半ぶり8回目の来日ジュード・ロウ(ダンブルドア役)、キャサリン・ウォーターストン(ティナ役)、アリソン・スドル(クイニー役)、ダン・フォグラー(ジェイコブ役)、クローディア・キム(ナギニ役)が一挙に集結し、ファンは濃密な時間を過ごした。

一同はたっぷりと時間をかけてレッドカーペットを歩き、ファンへのサインや写真撮影に笑顔で答えた。彼らがレッドカーペットの各所を周るたびに、六本木の夜空に悲鳴が吸い込まれていく。

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』ジャパンプレミア
©THE RIVER
『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』ジャパンプレミア
©THE RIVER
『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』ジャパンプレミア
©THE RIVER
『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』ジャパンプレミア
©THE RIVER
『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』ジャパンプレミア
©THE RIVER
『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』ジャパンプレミア
©THE RIVER

大盛り上がりの豪華ステージイベントへ

ステージイベントでは、「ハリー・ポッター魔法ワールド公式アンバサダー」として桐谷美玲、「ファンタスティック・ビースト公式アンバサダー」芦田愛菜が登場。会場が一体となったカウントダウンと共に巨大なステージ上の装置がゆっくりと降りると、中から来日陣が手を振りながら出現する。

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』ジャパンプレミア
©THE RIVER

ニュート・スキャマンダー役エディ・レッドメイン

まずコメントを求められたニュート役エディ・レッドメインは、司会の紹介にも食い気味に「コンニチハー!」と気合い充分。「皆さんと一緒に東京にいられること、どれだけ興奮しているか伝えきれないくらいですよ!2年間も秘密を守り続けましたから。ついに日本に戻ってこれて、今作を解き放つことができる。皆さんがとても誇らしいです。世界で一番情熱的なファンだと思います。アリガトウ!」と突き抜けるように爽やか笑顔を振りまいた。

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』ジャパンプレミア
©THE RIVER

今作よりグリンデルバルド役のジョニー・デップが本格参戦したほか、ダンブルドア役のジュード・ロウら豪華俳優陣との共演を果たしたエディ。「1作目のキャスト陣は家族みたいなものなので、新キャストに対してはちょっと懐疑的だったんですよ」と悪戯な笑みをこぼす。「でも、本当に才能あって、とても寛容な素晴らしい友に恵まれ、嬉しく思います。」

ティナ役キャサリン・ウォーターストン

闇祓いティナ役のキャサリン・ウォーターストンは、大きくなったお腹と共に登場。全ての言葉の語尾に淡色のハートマークが付いたような語りで「ミンナダイスキ。ウフフ」と艶やかに挨拶を始めると、会場を埋め尽くす男女はうっとり。「日本に戻ってこれて嬉しいです。いつも温かく歓迎してくださって…。今夜はお集まり頂いて、いつもサポート頂いてありがとうございます。」

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』ジャパンプレミア
©THE RIVER

キャサリンが司会者より「ニュートとティナの関係」という際どい質問を尋ねられると、隣でエディが指を口にあてて「シーッ!」っと加わる。キャサリンが「何も言えないんです」と笑うと、エディも「複雑なんです」と一言。それでもキャサリンは、「いつか結婚するかもね」とエディをちょこんと指差し、大人っぽく笑った。

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』ジャパンプレミア
©THE RIVER

「J.K.ローリングも、そこに至るまでの美しい旅路をじっくりと共有してくださっています。2人がどれだけお互いを好いているかは、ファンの皆さんの方がお分かりですよね。2人は時々うまくいかない時もあるけど…、うーん、そうね(笑)」と続けると、今度はエディが「それから今作では、ニュートの方から誘うようなところもあるんですよ」と明かしてくれた。

ジェイコブ役ダン・フォグラー

ジェイコブ役のダン・フォグラーはこの日、観客から大きな歓声があがる度に嬉しそうに驚く顔を見せている。ステージでも司会に紹介されるとすぐに歓声を浴び、「おぉ…」とまずは一息、「コンニチハ」と挨拶した。「歓迎してくれてありがとうございます。このステージにマグルを混ぜてくれてありがとう(笑)。今作もきっと気に入って頂けると思います。1作目のメンバーに、ファンタスティックなキャストが加わりました。この人(ジュード・ロウを指して)、パーフェクト。向こうの彼女(キャサリンを指して)、最高。その向こうの…(クローディアまで駆け寄りながら)言っていいはずだけど、ナギニ役の彼女も最高。皆さんも最高に気に入るはずです。魔法ワールドのクラシックな続編という感じ。すっごく幸せ!(投げキッス)アリガトウ!」

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』ジャパンプレミア
©THE RIVER

さらに司会者より、「ジェイコブが魔法使いに囲まれて再登場してくれて本当に喜んでいます」とふられると、「本当に嬉しいですよ!夢が叶った」と答えた。「宝くじが当たったみたい。僕もジェイコブみたいに、魔法使いや魔法動物、それからこのキャストたちに驚かされていましたから(笑)。このシリーズに参加できて本当に幸せですし、戻ってこられて嬉しい。最高の共演者たちにも恵まれて、世界一の幸せ者ですよ。」

クイニー役アリソン・スドル

ティナの妹クイニー役のアリソン・スドルは、演じた役そのままに糖度タップリの笑顔をこぼしながら「アリガトゴザイマス。ハーイ!」とキュートに挨拶。「皆が恋しかった」との微笑みに黄色い悲鳴が響く。「日本はそれくらい特別な場所です。世界中で沢山の人たちと今作について語りながら周ったこのプレスツアーの最終地ですからね。私達全員にとってすごく特別な場所なんです。みなさんの文化や、温かく歓迎してくださったこと、とても素晴らしく思います。私達に新しい命をくれたみたい。時差ボケなんて気にならない!だって皆さんが魔法みたいな存在なんですもん。本当に感謝しています。今作を観て頂けることにもすごく興奮!」アリソンは両手でハートマークを作り、今作を待ちわびた日本のファンへの愛情を示した。

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』ジャパンプレミア
©THE RIVER

司会者は「予告編映像の中で、クイニーがロンドンに行っていることについてファンが疑問に思っています」と踏み込んだ。アリソンは「アメリカでは魔法使いとノーマジ(非魔法使い)が一緒にいられないんです。違法なんですって。フェアじゃないし、馬鹿げてると思うんですけど。でもクイニーはジェイコブと一緒にいたい。だから彼をロンドンに連れて行っちゃうんです。彼が知らない間に(笑)。(隣でダンも大笑い。)少し魔法も使ったはずですね。でもあまり上手くいかなくて…、そうしてヨーロッパに向かったわけです。ちょっとゴタゴタしちゃんですよね」と明かしながら、「海を越えて誰かを連れて行くのって、あんまり良いことないですね」とお茶目に笑ってみせた。

ナギニ役クローディア・キム

ナギニ役のクローディア・キムは、日本語で「こんばんは。私はナギニ役のクローディア、韓国、名前、スヒョンです」と日本語で挨拶した後、英語で「ここに集まられたのはハリー・ポッターの大ファンですよね。今作を祝いましょう。特別な1作ですよ」と語った。「アジア人としてこのアジア・ツアーに参加できたことも、私にとっては有意義です。ありがとうございます。」

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』ジャパンプレミア
©THE RIVER

演じたナギニ役については、「脚本を読んだ時から、このキャラクターに惚れ込みました。ナギニは人間。美しくも壊れやすい存在です。ハリー・ポッターにおける蛇ってダークな存在ですよね(笑)。このキャラクターを演じられてとても光栄です。彼女のことをもっと皆さんに知って頂けたら嬉しいです。」

ダンブルドア役ジュード・ロウ

若き日のダンブルドアを演じたジュード・ロウが紹介されると、一際大きく、長く、そしてより悲鳴に近い歓声が巻き上がる。

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』ジャパンプレミア
©THE RIVER

「コンニチハ。ここに来られて光栄です。これ以上のことは無いですね。この素晴らしい世界に参加できて、愛らしいキャストの皆さんや『ファンタスティック・ビースト』と『ハリー・ポッター』のチーム全員にも迎えてもらって、僕の役者人生の中でもすごく嬉しいです。何よりも、世界中のファンの皆さんの情熱に驚きました。特に日本の皆さんは素晴らしいです。本日はお集まり頂き、またこの物語に夢中になって下さってありがとうございます。本当に嬉しいです。」

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』ジャパンプレミア
©THE RIVER

通訳が翻訳を述べ終わると、ジュードは「質問があります」と続ける。「今日、コスプレされた方が沢山いらっしゃいますね。でも、次回僕が来るときは大きなヒゲをお願いしますよ。今から生やせば間に合うから!」

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』ジャパンプレミア
©THE RIVER

「有名なダンブルドアを演じるにあたって、どんなお気持ちでしたか」との質問には、「ダンブルドアはとても愛され、よく知られたキャラクターであり、『ハリー・ポッター』では年齢を重ねたジェントルマン。原作本で描かれていた過去の描写は少しだけでしたから、今回はやることが沢山ありました。製作中は台本通りに演じることに没頭していたので、実はそこまでプレッシャーを感じていなかったんですよ。でも、映画が完成してこういった質問をされる度に、大きな責任を感じています。色々な人から”責任を感じていますか”、”歴史的なキャラクターですよね”って尋ねられますから(笑)。だから、今は正直少し責任を感じています」と赤裸々に答えた。

ダンブルドアは「自分の中の危ない部分を分かっている」

桐谷美玲から、劇中で様々な仲間と出会うニュートについて尋ねられたエディは、「1作目の脚本を読んだ時から、ニュートは夢中になりました」と語る。「優しい心の持ち主で、人の気持ちが分かる魔法使いですよね。人見知りだったけど、今作では他の人達の中でも馴染み始めるようになります。心を開き始めるんですね。」

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』ジャパンプレミア
©THE RIVER

続いて芦田愛菜がジュード・ロウに「どうしてダンブルドアは、数多くいるホグワーツの教え子の中からニュートを選んだと思いますか?」と尋ねると、ジュードは「良い質問だね」とニンマリ。突然、ダンブルドアの”モード”に入ったようなオーラでこう語る。

「僕の教え子たちの中でも、ニュートは正しいものの在り方が分かっていて、権力を求めることもないし、エゴがない。直感的な道徳心が備わっているんです。エディはダンブルドアについて”人を操る”と言いますが、僕は”人を指導する”力があるんだと思う。ニュートには清らかな心がある。魔法動物やモンスターも対等に扱う。ダンブルドアにも過去があって、自分の中の危ない部分を分かっているんだと思うんですよ。ニュートは、そんな自分も受け入れてくれるからじゃないでしょうか。」

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』ジャパンプレミア
©THE RIVER

この日のステージイベントは『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』に関する話題のみがたっぷりと語られ、ゲスト登壇した桐谷美玲と芦田愛菜から飛び出した興味深い質問にもキャストがしっかりと答えた。純度の濃いプレミアイベントが大盛況のうち終わり、詰めかけた観客は夢見心地のままそれぞれの帰路に分かれていった。

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』は、いよいよ2018年11月23日(金・祝)より全国ロードショー。衝撃に備えて…!

ギャラリー

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/fantasticbeasts/

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly