Menu
(0)

Search

『ファンタビ』マッツ・ミケルセン版グリンデルバルド、ジョニー・デップ版との共通点は ─ 「僕は『ハリー・ポッター』の大ファン」

Mads Mikkelsen マッツ・ミケルセン Johnny Depp ジョニー・デップ
Photo by Georges Biard https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Johnny_Depp_Deauville_2019.jpg|Remixed by THE RIVER

ハリー・ポッター』魔法ワールドを描く『ファンタスティック・ビースト』第3作(タイトル未定)の撮影を、ジョニー・デップに代わってグリンデルバルド役に起用されたマッツ・ミケルセンが振り返った。

『ファンタビ』第3作は2020年9月に撮影が開始されるも、11月にジョニーの降板が決定。後任のマッツは翌12月から撮影に参加した。米Colliderにて「僕は『ハリー・ポッター』ユニバースの大ファン」と公言したマッツは、シリーズへの参加を「僕にはあまり馴染みのないジャンルだし、(祖国の)デンマークでは予算的に実現できない作品。素晴らしい機会をいただきました」と大いに喜んでいる。

気になるのは、マッツがグリンデルバルドをどのように演じたのかということだ。マッツは自身の演技について、「誰かのコピーをする僕なんて、誰も興味がないし、創造的には自殺行為ですよね。特に、前の方が見事に演じられている場合は」と語っている。

「(製作陣の)誰もが、新しい方向性を求めてくださいました。とはいえ、彼(ジョニー)の仕事と、僕がやることには橋渡しが必要。だから、ある時は見た目に、ある時は状況に応じた態度に、そういう橋渡しを発見しなければいけません。そして、自分自身の役にもしなければいけない。そうでなければ、率直に言って、創造的にばかげたものになってしまいます。」

Total Filmにて、マッツは「僕はジョニー・デップが若い頃からのファンですが、彼の激しさや演じ方を取り入れようとしても失敗するでしょう」とも述べた。おそらく演技のスタイルは異なれど、ビジュアルや“グリンデルバルドらしい一面”はジョニーの造形を一部踏襲しているものとみられる。

ちなみにマッツは、本作の脚本を「非常に素晴らしかった。とても良い、確かなストーリーでした」と絶賛。「作品の出来が脚本に左右されるとしたら、この映画は、まさにあるべき形の魔法。とても興味深く、そして胸を打つ物語です」と力を込め、撮影の感想は「他のみなさんの半分の期間しか参加できませんでしたが、最高の時間でした」と振り返った。

脚本は『ハリー・ポッター』原作者のJ・K・ローリングと、映画版『ハリー・ポッター』『ファンタスティック・ビースト』シリーズを手がけてきたスティーヴン・クローヴス。監督にはデヴィッド・イェーツが続投している。

映画『ファンタスティック・ビースト』第3作(タイトル未定)は2022年7月15日に米国公開予定。

あわせて読みたい

Source: Total Film, Collider

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly