Menu
(0)

Search

『ハリー・ポッター』スネイプ先生役アラン・リックマン、『ダイ・ハード』から遺作『アイ・イン・ザ・スカイ』まで主要作まとめ

Severus Snape セブルス・スネイプ
ALAN RICKMAN as Professor Severus Snape in Warner Bros. Picturesí fantasy adventure ìHARRY POTTER AND THE DEATHLY HALLOWS ñ PART 2,î a Warner Bros. Pictures release.

映画ハリー・ポッターシリーズのセブルス・スネイプ先生役として、世代を超えて愛され続けた名優アラン・リックマン。2016年1月に膵臓癌により死去。69歳という早過ぎる死に、誰もが悲しみに暮れたであろう。

本記事では、生涯に渡り独特の甘い声で人々を魅了してきたアラン・リックマンが出演した作品を9本厳選して紹介。この機会に、彼がこれまでに演じてきた様々な役柄について深く知って欲しい。

Photo by Marie-Lan Nguyen https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Alan_Rickman_BAM_2011-01-11_n1.jpg

『ダイ・ハード』(1988)

ブルース・ウィリス主演の大人気アクション・シリーズ伝説の第一作で、アラン・リックマンの映画出演デビュー作にあたる。1988年に公開された。

アラン・リックマンが演じたのは、ブルース・ウィリスによる主人公ジョン・マクレーンと対決する悪役のハンス・グルーバー。元テロリストで、劇中に登場する強盗グループのリーダーだ。ビルから落下するシーンでは、3カウントで落下する演技を撮影する予定だったところ、本人に内緒で1カウント目でいきなり落下させたため、本当に驚いたような表情をしている。

後になってアラン・リックマン本人は、このカウント落下については覚えていないというものの、「(スタントではなく)自分で落ちると言ったら、プロデューサー陣が“信じられない”といった顔を少し浮かべていた」「40フィート(約13メートル)の高さだったと思う」と振り返っている

『いつか晴れた日に』(1995)

『いつか晴れた日に』(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)
『いつか晴れた日に』(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)

『ブロークバック・マウンテン』(2005)などで知られる名匠アン・リー監督による至福の恋愛映画。アラン・リックマン演じるのは、本作に登場する三姉妹家族が身を寄せるミドルトン卿の軍友、ブランドン大佐。三姉妹の一人に想いを寄せるも、不器用な性格である故に、女性側からは一切見向きもされないという役柄だ。しかし、気の利いた言葉一つ口に出来ないような役柄でも、誰よりも純粋で誠実に恋に向き合う彼の姿に多くの観客が心を奪われたに違いない。

舞台は19世紀初頭の英国。ダッシュウッド家の主人は死に際、前妻と息子に全財産を譲渡する代わりに、現在の妻と三人の娘を世話するようにと約束を結ぶ。しかし、前妻の邪悪な思惑により遺言は無効となり、妻と娘達は貧しい生活を余儀なくされる。彼女たちには落ち込む間も無く、新しい家を探し始めることに。過酷な運命に翻弄されながら、三姉妹は恋を通じて成長していく……。

主演を務めたのは脚本も兼任した、『ハリー・ポッター』シリーズでシビル・トレローニー役などで知られるエマ・トンプソン。その他の共演者には、『タイタニック』(1997)『愛を読むひと』(2008)のケイト・ウィンスレット、『ノッティングヒルの恋人』(1999)『ブリジット・ジョーンズの日記』シリーズのヒュー・グラントなどが名を連ねている。

『ギャラクシー・クエスト』(1999)

『ギャラクシー・クエスト』(パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン)
『ギャラクシー・クエスト』(パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン)

『スター・トレック』のパロディー満載のSFコメディ。アラン・リックマンが演じるのは、本作に登場する架空の番組内でトカゲ頭の異星人に扮し人気を博すも、今では落ち目で捻くれた俳優役。常に不機嫌な表情を浮かべる彼の姿が、面白くて堪らない。

放送打ち切りから20年が経った今でも愛され続けるSF番組「ギャラクシー・クエスト」。今日も地球では、集会の為に大勢の熱狂的な支持者が集まっていた。しかし、集会の中には、番組の出演者を本物の英雄だと思い込む奇妙な異星人たちが紛れ混んでいたのだ。その目的とは、侵略者たちから自分たちの星を守る為、共に戦って欲しいという内容。当然、最初は冗談と思っていた出演者一同だが、次第に彼らが本物の異星人であると気付く……。

出演者はアラン・リックマンの他、『トイ・ストーリー』シリーズのバズ・ライトイヤー役のティム・アレン、『エイリアン』シリーズのシガーニー・ウィーヴァー、『スリー・ビルボード』(2017)のサム・ロックウェルなど。監督は『REDリターンズ』(2013)『ビルとテッドの時空旅行』(2020年12月18日公開)のディーン・パリソットが務めた。

『ラブ・アクチュアリー』(2003)

『ハリー・ポッター』スネイプ先生役や『ダイ・ハード』の悪役のことを思うと、アラン・リックマンと爽やかなラブロマンス映画の組み合わせは少々意外?ヒュー・グラントやリーアム・ニーソン、キーラ・ナイトレイら豪華キャストが共演したクリスマス映画『ラブ・アクチュアリー』でアラン・リックマンが演じたのは、ローラ・リニーが演じるサラの勤め先の社長ハリー。妻(エマ・トンプソン)に、秘書のミア(ハイケ・マカチュ)との関係を疑われていく役どころだ。部下サラの恋模様を気にかけていたり、ミアに迫られて狼狽したりと、お茶目な姿を見せてくれている。

それにしても、『ハリー・ポッター』『ダイ・ハード』『ラブ・アクチュアリー』と、アラン・リックマンの代表作はクリスマスが似合う。

『銀河ヒッチハイク・ガイド』(2005)

iPhoneのSiriやGoogleに「人生、宇宙、すべての答えは?」と尋ねると、「42」という答えが返ってくる……これは、映画『銀河ヒッチハイク・ガイド』が由来だ。もともと1978年にイギリスのラジオドラマとして製作され、小説家などを経て2005年に実写映画化。このカルト的SF映画で、アラン・リックマンは“鬱病ロボット”マーヴィンの声を演じている。

「僕、落ち込んでいるんです」「僕の頭脳は宇宙サイズ、なのにこんな仕事」「僕って孤独」とまるで『くまのプーさん』イーヨーのように暗い言葉をブツブツ言い続けるマーヴィン。アラン・リックマンの低音のおかげで、ジメっとした、それでも憎めない愛らしいキャラクターに仕上がった。

ちなみにマーヴィンを気ぐるみで演じているのは、『ハリー・ポッター』フィリウス・フリットウィックのワーウィック・デイヴィス。『ハリー・ポッター』俳優ふたりがかりという縁あるキャラクターだ。

『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』(2007)

ジョニー・デップ主演&ティム・バートン監督で、トニー賞に輝いたブロードウェイ・ミュージカルを映画化。アラン・リックマンが演じるのは、権力を最大限に駆使して主人公を陥れる治安判事のターピンだ。彼にとって過去一番の悪役と言えるかもしれない。

舞台は19世紀のイギリス・ロンドン。妻を奪われた上に、無実の罪を課せられて投獄されてしまった理髪師が、名前も姿も変えて15年ぶりにロンドンのフリード街に帰ってきた。「スウィーニー・トッド」と名前を変えた彼は狂気に満ちており、かつて自分を陥れた男への復讐を開始する……。

出演者にはジョニー・デップ&アラン・リックマンの他、『ハリー・ポッター』シリーズのベラトリックス・レストレンジ役などで知られるヘレナ・ボナム・カーター、『レ・ミゼラブル』(2012)『シカゴ7裁判』(2020)のサシャ・バロン・コーエン、『ターナー、光に愛を求めて』(2014)のティモシー・スポールなど。

『大統領の執事の涙』(2013)

ホワイトハウスで黒人の執事として、7人の大統領に仕えた、実在の黒人男性の人生を描いた作品。アラン・リックマンが演じるのは、ロナルド・レーガン元大統領だ。公開当時、見た目が非常に似ていると話題となった。

綿花畑の奴隷として生まれた黒人、セシル・ゲインズ。一人で生きていくことを決心して、綿花畑を出ていくことに。見習いからホテルのボーイとなり、懸命に働く姿が評価されて、ホワイトハウスの執事として抜擢される。キューバ危機、ケネディ暗殺、ベトナム戦争などアメリカの歴史が激しく揺れ動く瞬間を目の当たりにしながら、約30年間に渡り7人の大統領に仕えた。一方で、仕事優先で家族とは関係が上手くいかなかった。そして、その家族もまた、激動の時代の荒波にもまれていく……。

アラン・リックマンの他、出演者には錚々たる実力派の俳優陣が集結した。セシル・ゲインズ執事役にフォレスト・ウィテカー、妻グロリア役にオプラ・ウィンフリー。その他の共演者には、『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』(1997)ロビン・ウィリアムズ、『マルコヴィッチの穴』(1999)ジョン・キューザック、『帰郷』(1978)ジェーン・フォンダ、『グローリー/明日への行進』(2014)のキューバ・グッディング・ジュニア、マライア・キャリーなど。監督は、『プレシャス』(2009)『ペーパーボーイ 真夏の引力』(2012)のリー・ダニエルズが務めた。

『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』(2016)

これがアラン・リックマンの遺作となった実写映画だ。『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』は、ドローンなどが活用される最新鋭の戦争をテーマに、いわゆる「トロッコ問題」を描く戦争スリラー。

「トロッコ問題」とは、「ある人の命を助けるために他の人の命を犠牲にするのは許されるか」という、人の道徳心を揺さぶる倫理問題のこと。『アイ・イン・ザ・スカイ』では、「今から自爆テロに向かおうとするテロリストたちのアジトを突き止めた」シチュエーションで、「今アジトを爆撃すれば、これから起こる自爆テロを未然に防ぐことができる」VS「爆撃範囲内に罪のない少女がいて、犠牲になってしまう」というジレンマを描く。果たして爆撃すべきか、中止すべきか?遠く離れた司令室から、あなたならどう指示を下す?

観るもの全ての倫理観を問うこの映画でアラン・リックマンが演じたのは、国防福参謀長のフランク・ベンソン中将。ロンドンにある国家緊急事態対策委員会で、人命を左右する究極の決断、そしてそこに伴う重大な責任を迫られる。一方でアランは本作にユーモアを与えるワンシーンも演じており、プロデューサーのゲド・ドハディは「軍人がどのように2つの両極端な生活を切り替えなければわからないかが分かる」と語っている。

アラン・リックマンの遺作となったのはこの緊張感あふれる1作と、ディズニー映画『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』。まさに“両極端”な役をそれぞれ演じあげた。

『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』(2016)

ティム・バートン監督が、児童小説『不思議の国のアリス』を映画化した『アリス・イン・ワンダーランド』(2010)の続編。『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』と同じく遺作となった本作で、アラン・リックマンが演じたのはアブソレムの声。前作では青い巨大な芋虫だったが、本作では蝶に進化を遂げている。遺作としては中々、奇妙かつ斬新な役柄と言えるだろう。

舞台は前作の冒険から3年後、亡くした家族の帰りを待ち続けるマッドハンターを救う為に、アリスは再びワンダーランドに向かうことになった。ワンダーランドに着いたアリスは、白の女王たちから、悲しい過去に囚われて心を閉ざしてしまったマッドハンターの家族を蘇らせるべく、時間を遡り過去を変えるように頼まれる。運命に立ち向かうべく、アリスは時間を遡ることに成功するが、果たしてマッドハンターを救うことは出来るのか……。

共演者にはジョニー・デップ、アン・ハサウェイ、ヘレナ・ボナム・カーター、ミア・ワシコウスカなど前作の豪華俳優陣が続投。監督は『ザ・マペッツ』シリーズのジェームズ・ボビンが務めた。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly