Menu
(0)

Search

ケヴィン・ファイギ版『スター・ウォーズ』、マーベルの成功から活かせることは ─ 大抜擢の「ロキ」脚本家が明かす

ケヴィン・ファイギ
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/35437565993/ Remixed by THE RIVER

マーベル・シネマティック・ユニバースのドラマシリーズロキの脚本家、マイケル・ウォルドロンは、マーベル・スタジオ社長のケヴィン・ファイギから今もっとも信頼されているクリエイターの一人だ。「リック・アンド・モーティ」で脚本家としてのキャリアを開始したのち、「ロキ」に起用され、『ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス(​原題)』に就任。さらには、ケヴィン・ファイギ製作『スター・ウォーズ』新作映画(タイトル未定)にも抜擢されている。

ファイギ版『スター・ウォーズ』は2019年に企画が報じられ、ウォルドロンは2021年1月にプロジェクトに参加。実現は当面先になると思われており、ウォルドロン自身も英GQにて「まだまだ始まったばかりです。残念ながらそれくらいしか言えません」と話している。その一方、「ロキ」『ドクター・ストレンジ』の経験からは、『スター・ウォーズ』にも活かせる学びを得たことを明かした。

「MCUの成功は、最高のサイエンス・フィクションやコンセプト、そういうあらゆる要素によるものだと思います。また究極的には、キャラクターや彼らの人間らしさ、非常に共感できる葛藤、友情、家族というものの上に築かれたもの。それがMCUなのです。『スター・ウォーズ』も、最盛期は家族の物語だったと思います。ハン(・ソロ)、ルーク(・スカイウォーカー)、レイア(・オーガナ)は家族だった。みんな、彼らが一緒にいるところを観たいのであって、彼らが離れ離れになるのは観たくないんです。」

ウォルドロンの言葉には、どこか言外の意味も感じ取れるが、それは考えすぎというものだろうか。ともかく、ウォルドロンは「僕が一番覚えておくべきはそういうこと」と述べ、自らの発言については「何も新しいことはありません。記事の見出しで驚かせるようなことはしません」と話した。『スター・ウォーズ』のルーカスフィルムも、ケヴィン・ファイギ率いるマーベル・スタジオも徹底した秘密主義で知られるだけに、発言には極めて慎重だ。

ちなみに米Colliderによると、ウォルドロンが選ぶ『スター・ウォーズ』ベスト1は『エピソード5/帝国の逆襲』(1980)。『エピソード4/新たなる希望』(1977)も大好きで、特にC-3POの大ファンとしては同作の前半を気に入っているというが、『帝国の逆襲』はラブストーリーであるところに惹かれたとか。「独創的な答えじゃないけど、『帝国の逆襲』は完璧な大作映画だと思う」とは本人の談である。

Sources: GQ, Collider

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

モーリタニアン 黒塗りの記録

【レビュー】『モーリタニアン 黒塗りの記録』シリアスと娯楽性のバランス ─ カンバーバッチも自ら出演志願した理由とは

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

Ranking

Daily

Weekly

Monthly