Menu
(0)

Search

エリザベス・オルセン、「ゲーム・オブ・スローンズ」デナーリス役のオーディションは「ひどかった」 ─ 10年以上前の出来事、今も後悔

エリザベス・オルセン
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/14616050827/ Remixed by THE RIVER

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品のワンダ・マキシモフ役で知られるエリザベス・オルセンはかつて、人気ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」(2011-2019)のオーディションを受けていた。演技の道を本格的に志し始めた2009年頃に受けたという同役のオーディションは、オルセンの中で10年以上が経った今でも苦い記憶として残っているようだ。

オルセンが受けた役は、エミリア・クラークが演じたデナーリス・ターガリエン。数多く存在するメインキャラクターの中で、フルシーズンで登場した数少ないひとりだ。米The Hollywood Reporterのポッドキャストで当時を振り返ったオルセンは、「ニューヨークにある小さな一室で、カメラを持ったキャスティング・ディレクターのアシスタントとオーディションを受けました」と詳細を思い起こす。

彼らが脚本を読んで、わたしはカリーシ(デナーリスの別称)のセリフを話しました。彼女が炎から出てくるところの。ひどかったですね。呼び戻しの電話も来ませんでした。

オルセンがデナーリス役のオーディションについて後悔を語ったのは今回が初めてのことではない。「ゲーム・オブ・スローンズ」ファイナル・シーズン最終話が米国で放送される直前の2019年5月中旬にも、「忘れていましたがカリーシ役を受けました」と明かしていたのだ。この時、オルセンは「これまでで一番きまずかったオーディション」とまで話していた。

今となっては、MCUのワンダ役でおなじみのオルセンだが、もしもデナーリス役の座を射止めていたら、その後に歩んでいたキャリアは全く違ったものになっていたはず。一方で、オルセンが演じるデナーリスも見てみたかったと思うファンも多いだろう。

オーディションこそ落ちたオルセンだが、その後はいちファンとして「ゲーム・オブ・スローンズ」に熱中していたそう。2019年の発言時、オルセンは「すごくハマっていて、キット・ハリントンのことしか考えられません」とジョン・スノウに夢中だったことを明かしていた。「彼にはうまい具合に洗脳されました」。

ちなみに、デナーリスを演じたエミリア・クラークは、新作ドラマシリーズ「シークレット・インベージョン(原題:Secret Invasion)」でオルセンが属するMCUの仲間入りを果たす

Source: THR,Vulture

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly