Menu
(0)

Search

マーベル・シネマティック・ユニバース、2025年まで計画進行中 ― スタジオ社長、既存ヒーローの変革も示唆

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のオープニング興行収入が『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)を抜いたという衝撃のニュースが飛び込んでくる中、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)は次なる展開を準備し始めている。なんと、すでにマーベル・スタジオは2025年までの計画を進行中だというのだ。

2008年『アイアンマン』から10年間にわたってMCUを仕掛け続けてきたケヴィン・ファイギ社長は、米AP通信のインタビューで現在の計画と思惑を明らかにしている。

「常に先のことを考えています。僕たち(マーベル・スタジオ)はこういうものだろうと決めつけられた時には、もう別の場所へと向かっている。『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のあとも、次のアベンジャーズ映画へ向けて動いていく中で同じことが起こりますよ。今日は2024年、2025年について打ち合わせをしたんです。」

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』、そして2019年公開『アベンジャーズ/エンドゲーム(邦題未定、原題:Avengers: Endgame)』の後にも、やはりマーベルは「次のアベンジャーズ」を構想しているようだ。おそらくケヴィン社長は、観客からは想像もつかないような世界を眺めているのだろう。

「マーベル・スタジオで僕たちは大きな夢を見て、非常に大きな希望を抱いています。そうした夢を叶えることで何かを伝えていきたい。[中略]僕たちは、自分たちが信じられる映画、自分たちが楽しめる映画を作っています。どんな映画でも、自分たちのことを最初の観客だと考えるんですよ。アイデアが出てきた時には、自分たちがそれを面白がれるのか、それに感動できるのか、それに驚かされるのか、ということを考えますね。」

これまで積み上げてきたものを堅実に守りながら、同時に刷新し、新たな方向へユニバースを広げていく……。きっと予測もつかないような展開が今後のMCUには待ち受けているに違いない。なにしろケヴィン社長は、すでにMCUで活躍しているキャラクターの“変革”を予感させるような言葉も残しているのだ。

多くのキャラクターには、3~4本の映画では描ききれないほどの大切な要素がまだ残っています。コミックの世界で(映画の)創作に使える素材はとても豊かなんですよ。」

昨今ハリウッドでは「続編疲れ」がささやかれ、続編映画の集客がいまひとつ乏しくなる傾向がみられている。ジェームズ・キャメロン監督に至っては、なぜか「近いうちに、人々が『アベンジャーズ』疲れを起こしてくれることを願っている」と語っている状況だ。しかしながらケヴィン社長は、続編映画だけが秘めているポテンシャルを説いている。

「自分が見てきた映画に立ち返るんです。僕はずっと続編映画が大好きなので、続編映画を軽く見ているとか、否定的に捉えているとか、そんなことは一度もありません。ダメな(続編)映画にはガッカリしましたが、大好きなキャラクターの物語や冒険をさらに見られるのは最高だと思ってきましたよ。僕たちはそういう仕事をしているんです。」

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より全国の映画館にて公開中

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』公式サイト:http://cpn.disney.co.jp/avengers-iw/

Source: AP

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly