Menu
(0)

Search

トム・ホランド、『ファイナルファンタジー』米国CMで闇の戦士を目指す ─ 相棒は『スパイダーマン:ホームカミング』体育教師

https://www.youtube.com/watch?v=Aqju18pcq6U サムネイル

 

ゲーム『ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ』の米国版TVスポットに、マーベル・シネマティック・ユニバースのスパイダーマン役でおなじみトム・ホランドが出演した。

今回のCMで相棒となっているのは、『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)にて体育教師役でトムと共演したハンニバル・バーエスだ。「なあトム、『ファイナルファンタジーXIV』やろうぜ」とハンニバルが声をかけるも、トムはトレーニングの最中。「いや、準備しなきゃいけないから」「ゲームするのにトレーニングは要らないだろ」。

その後も場所を選ばず身体を鍛えるトムに、ハンニバルは「何やってんだよ」と怪訝な表情。「闇の戦士にならないといけないんだ」と豪語するトムは、真っ暗な部屋に腰かけて「闇そのものにならなきゃ」と一言。「もっと良いルームメイトになってくれよ…」とはハンニバルの弁である。トムがとうとう大剣を振るい始めると、「剣なんかいらないぞ! お前は闇の戦士じゃないんだ!」と声をかける。「僕の剣を見てよ!」と返すトムに、「お前、西ロンドンの出身だろ!いいところじゃないか!」。

しょんぼりしたトムはフードをかぶり、ベッドに腰かけて「闇の戦士になれない…」と弱音を吐く。そんな様子を見て、ハンニバルは「大事なのはファイナルファンタジー・マスターになることじゃないだろ」と諭すのだった。トムの胸を指さし、「大事なのはココに何があるかじゃないか! ゲーマーの心があるだろ、やれるよ」。トムは「そんなふうに考えたことなかった」と安堵する。もっとも、実際にプレイするとすぐに死んでしまっているようではあるが……。

ゲーム『ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ』はPS4/Windows/Mac/Steamにて2019年7月2日(火)発売予定
公式サイト:https://jp.finalfantasyxiv.com/shadowbringers/

あわせて読みたい

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly