Menu
(0)

Search

【海外取材レポ】『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』トム・ホランド、レカペでやっぱりネタバレしかける

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム バリ レッドカーペット
©THE RIVER

『アベンジャーズ/エンドゲーム』のその後を描くマーベル・シネマティック・ユニバース最新作『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』のレッドカーペット・イベントが2019年5月27日、インドネシアはバリで開催。アジア各地から記者が集まるこのイベントのため、THE RIVERもバリへ飛んだ。

Far From Home To Bali

まるでクラブのように照明を落とし、ダンス・ミュージックをガンガンかけた会場の熱気は、日本国内でのイベントにすっかり慣れた身としては驚き。スパイダーマンにちなんだ赤い衣装の男女ペア司会が登場してノリの良いMCで客席を盛り上げると、レッドカーペットには様々なスパイダーマンのコスプレ姿のファン数名が歩き、続けてバリ現地の伝統的な演出でボルテージを高めた。


スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム バリ レッドカーペット
©THE RIVER

いよいよ”Spider-Man!”、”Far From Home!”のコール・アンド・レスポンスと共にトム・ホランドが登場。どことなくアイアンマン/トニー・スターク役のロバート・ダウニー・Jr.を彷彿とさせる眼鏡姿のホランドは、バリ、インドネシアを中心にアジアから集まったファンたちへサインやセルフィーのファンサービスをたっぷりこなしていく。トムと一緒に、弟のハリー・ホランドは肩から一眼レフカメラを下げてカーペット上を行き来。ファンから声をかけられ、楽しそうに手を振り返していた。

この記事には、トム・ホランドが『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』についてうっかりネタバレしかけた描写が含まれています。

熱狂のバリ

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム バリ レッドカーペット
DENPASAR, BALI, INDONESIA – MAY 27: Tom Holland takes selfie with fans during the Spider-Man: Far From Home Pan-Asian Media Summit Bali event on May 27, 2019 in Denpasar, Bali, Indonesia. (Photo by Anthony Kwan/Getty Images for Sony Pictures Entertainment )

巨大なLEDディスプレイが華々しいステージに駆け上がったホランドが「今作、早く皆に観て欲しいです。前作より断然良いんですよ!」と挨拶すると、会場は大盛り上がり。その後も黄色い悲鳴が続いた。「バリに来るのは初めてです」と答えただけでも大熱狂だ。滞在中のプランについて「決めてないんです!何をすればいい?」と観客に尋ねると、一体となった会場のあちこちから声が挙がった。

トム・ホランドといえば、秘密主義で知られるマーベル・シネマティック・ユニバース作品に出演していながらも重要なネタバレをうっかり漏らしてしまうことでおなじみ。海外では、ネタバレを意味する英単語の”Spoiler(スポイラー)”にかけて、”Spoiler-Man(スポイラーマン)”との愛称がつけられているほどだ。この日も司会者に「『ファー・フロム・ホーム』について、ネタバレなしで紹介してください」と問いかけられるほど、何かアブナイ情報を喋りかねない前提のように話題が進められた。トム・ホランドも「ネタバレなしですよね、どうやって答えればいいのかな…」と慎重になりながら「前作よりも遥かに大規模で、アクションも笑いもケタ違い。ラブロマンスもありますよ」と語ると、会場も「オォーゥ!」と好反応。物語の時間軸について「『エンドゲーム』の直後、悲しいよね」と言うと、会場からは一斉に「アァー↓」とうなだれる声があがった。

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム バリ レッドカーペット
©THE RIVER

『ファー・フロム・ホーム』の予告編映像に登場しているスパイダーマンの新たなスーツについて尋ねられたトム・ホランドは「2種類の新スーツが登場します」と説明する。「まずはステルス・スーツで、これはニック・フューリーから与えられるんです。もうひとつはこの(メインで登場する赤と黒の)スーツで、新しい未知の機能も搭載されているんです。僕のお気に入りはステルス・スーツ。一番着心地が良いし、着たままトイレができるから!赤と黒のはトイレに行けないから…。」既にステルス・スーツを自ら再現したコスプレ姿のファンを観客の中に見つけたホランドは「着心地はどう?」と尋ねた。

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly