Menu
(0)

Search

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』ファルコンがキャプテン・アメリカとしてカメオ登場する可能性あった

anthony mackie アンソニー・マッキー
Public Domain https://www.flickr.com/photos/lbjlibrarynow/26359490693/

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)最新作、『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』がついに日本公開となった。ミステリオや脅威エレメンタルズなど、新しい要素も登場する本作だが、他にも驚くべきキャラクターがカメオ登場する予定があったという。

この記事には、『アベンジャーズ/エンドゲーム』のネタバレが含まれています。

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』プロデューサーのエリック・キャロルが米Comicbook.comに語ったところによると、そのキャラクターとはファルコン。それも、キャプテン・アメリカとして登場させる案があったというのだ。ファルコンは『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)にて、スティーブ・ロジャーズから盾と共にその座を譲り受けていた。

「最後に、ファルコンをキャプテン・アメリカとして登場させてはどうかと、軽く話したことがありました。ピーターの成長が描かれて、これからチームを率いていくんだなという流れで、ファルコンに声をかけるっていう。

でも、この映画の物語って、ニック・フューリーやピーターの他にアベンジャーズが出てこられないっていうのが重要だよね、という風にも考えていて。だからピーターはひとりで覚悟を決めようということになったんです。」

制作陣が『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』に他のアベンジャーズをむやみに登場させず、ピーターの物語として集中した選択は至極真っ当だ。キャロルに続けて、ケヴィン・ファイギ社長も「本作はピーターの成長に集中するもの。トニーだけでなくアベンジャーズの影から抜け出すんです。なんてったって、彼はスパイダーマンですからね。アベンジャーズの影にいる必要なんてない」と語る。

しかし驚くべきは、この時点で早くもファルコン、すなわち2代目キャプテン・アメリカを登場させられる状態であったということ。そのデビューの場として『ファー・フロム・ホーム』が相応しくなかっただけで、機会さえあれば思ったより早く見られる可能性もあるというわけだ。

原作コミックにおいてファルコンは、キャプテン・アメリカの名を継いでいる。『エンドゲーム』公開以前にもファルコンの2代目襲名はファンの間で待望論として語られていた。演じるアンソニー・マッキーは「(盾を)引き受けること、歴史の一部になること、受け継がれてきたものに加わることは大きなチャレンジです」とプレッシャーを語っていた。果たして、2代目キャプテン・アメリカの姿を拝めるのはいつになるだろうか。

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』は2019年6月28日(金)より世界最速公開中。

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』公式サイト:http://www.spiderman-movie.jp/

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly