Menu
(0)

Search

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』新メイキング映像が公開 ─世界へ飛び出せスパイディ

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム
© 2019 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved. | MARVEL and all related character names: © & ™ 2019 MARVEL.

日本で世界最速公開となったスパイダーマン最新作『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』より、新たなメイキング映像が届けられた。トム・ホランドをはじめとした重要人物たちが本作の魅力を語る内容だ。


本作について、「『アベンジャーズ/エンドゲーム』の直後の世界」と語るのはケヴィン・ファイギ。マーベル・スタジオ社長である彼の発言は常に世界中の映画ファンの注目を集めている。アインマンを失った世界で、深い喪失感に見舞われるピーター。周囲からの“ネクスト・アイアンマン”の声とは裏腹に、次第にスパイダーマンである自分と距離を置こうとする。しかしケヴィンは「スパイダーマンはそうはなれない。世界に対する責任があるからね」と続ける。彼の言う通り、友人たちとの旅行を楽しむピーターの前に現れたのは、風・水・火・土の四大元素を操る“エレメンタルズ”と呼ばれるクリーチャー。世界を脅かす未知なる脅威の出現により、ピーターは運命とどう向き合うのか。

そんなピーターの運命を左右する人物の1人が、MCUではお馴染みのキャラクター、ニック・フューリーだ。アベンジャーズを束ねていた国家組織S.H.I.E.L.D.の長官だったフューリーは、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)での出来事で組織が解体してもなお、世界を守るため陰ながらアベンジャーズを支えてきた。本作では、スパイダーマンの前に突然現れ、新たなヒーロー・ミステリオと共に“エレメンタルズ”を倒すミッションを与える。

MCU作品でニック・フューリーを演じ続けるサミュエル・L・ジャクソンは「フューリーはピーターに関してはかなり懐疑的」という。「トニー・スタークがアイアンマンの後継者としてピーターを選んだ理由が、彼にはまだ理解できないんです」と続ける。それでも、サノスのスナップ(指パッチン)によって5年間不在にしていたフューリーにとって、アイアンマンもキャプテン・アメリカもいない未知の世界で、頼れるのは16歳のスパイダーマンと、謎のヒーロー・ミステリオ。「“親愛なる隣人”のスパイダーマンとは違う。規模が格段にデカい」と証言するように、“親愛なる隣人”から“真のヒーロー”、さらに新たなアベンジャーズの中心人物へと導くことが出来るのか、ニック・フューリーが本作において大きなカギを握る人物であることは間違いなさそうだ。

さらに、ジョン・ワッツ監督は本作について「ピーターが前に進む姿を描いている」と語る。前作『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)では、自分の力を過大評価し、アイアンマンに認めてもらうべく、突っ走っては失敗を繰り返すピーター。監督は、身近な人たちを守るために強大な敵に立ち向かったことで、最後はアベンジャーズではなく“親愛なる隣人”として戦う決意を固めるピーターの姿を映し出し、ファンからも高い評価を得た。本作では、新たな脅威から世界を救うためアイアンマンの“鉄の意志”を受け継ぎ、“真のヒーロー”となることを迫られるスパイダーマンこと、ピーター・パーカーの葛藤と成長を描く。

メイキング第一弾はこちら

映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』は2019年6月28日(金)より世界最速公開中

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』公式サイト:http://www.spiderman-movie.jp/

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly