Menu
(0)

Search

『ゴーストバスターズ』新作に「ストレンジャー・シングス」『IT/イット』のフィン・ヴォルフハルト出演へ ─ 『アベンジャーズ』プロキシマ・ミッドナイト役女優と親子で

フィン・ヴォルフハルト Finn Wolfhard
Photo ny Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/

2020年夏に公開予定の映画『ゴーストバスターズ』最新作(タイトル未定)に、『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』(2017)リッチー・トージア役、「ストレンジャー・シングス 未知の世界」(2016-)マイケル役のフィン・ヴォルフハルトが出演することがわかった。同時に、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』でサノスの一味プロキシマ・ミッドナイトを演じたキャリー・クーンの名もアナウンスされている。Varietyが伝えた。

本作ではシングルマザーとその家族に焦点が当てられるといい、フィン・ヴォルフハルトとキャリー・クーンはその親子を演じる。メガホンをとるのはオリジナル版を手がけたアイヴァン・ライトマンの息子ジェイソン・ライトマン監督。監督は「ストレンジャー・シングス」のキャストを起用することに否定的だったが、フィンのオーディションに度肝を抜かれて起用に至ったという。

フィンは、Netflix「ストレンジャー・シングス 未知の世界」シーズン3の配信が2019年夏に控えているほか、2019年9月6日に米公開予定の『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』続編にも再出演する。80〜90年代リバイバルホラーの重要作品での活躍が続く。

この度の『ゴーストバスターズ』は、2016年に製作された女性主人公のリブート版とは関係を持たず、オリジナル・シリーズの続編。女性版を手がけたポール・フェイグ監督は「彼なりの解釈を楽しみにしています」と激励、主演のひとりを務めたメリッサ・マッカーシーも「私は大賛成」「チケットを買って観に行きます」と期待のコメントを寄せている。

映画『ゴーストバスターズ』新作(タイトル未定)は2020年7月10日に米国公開予定。撮影は2019年の夏にも開始される見込みである。

Source:Variety

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly