Menu
(0)

Search

モーフィアス役、未出演の『マトリックス レザレクションズ』を観た感想がなんとも言えない

ローレンス・フィッシュバーン
Dept. of Defense photo by Navy Petty Officer 2nd Class Dominique A. Pineiro/Released https://www.flickr.com/photos/thejointstaff/34117818524/

マトリックス』シリーズ復活作マトリックス レザレクションズ(2021)には、ネオ役キアヌ・リーブスやトリニティ役キャリー=アン・モスといった主要キャストが復帰したが、重要人物モーフィアス役のローレンス・フィッシュバーンは続投できなかった。

出演できなかった理由については、“クリエイティブ上の都合”だと伝えられている。同作ではモーフィウスに代わって別の俳優(ヤーヤ・アブドゥル=マティーン二世)が引き継いだ。脚本家によれば、役の交代は初めから予定されていたことだったという。

自身不在で製作された『レザレクションズ』だが、ローレンスはきちんと鑑賞していたようだ。出演新作のプレミアイベントで、「観ましたよ」と答えている。ただしその感想は、とても正直で、なんとも言えないものだ。

思ってたほどは悪くなかったかな。でも、期待したほど良くもなかった。キャリー=アンとキアヌはよくやったと思いますよ。そんな感じかな。」

開口一番「思ってたほどは悪くなかった」と出るあたり、ローレンスは『レザレクションズ』にさほど期待していなかったような様子がうかがえる。

なおローレンス、「出演できなくて寂しい思いは?」と尋ねられると、「いや、そんなことはないよ」と答えて固く口を結んだ。どうやら、『マトリックス』への関心はもう高くないらしい……。

あわせて読みたい

Source:Variety

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。運営から記事執筆・取材まで。数多くのハリウッドスターにインタビューさせていただきました。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly