Menu
(0)

Search

『マトリックス レザレクションズ』元祖モーフィアス&スミス俳優の不在、キアヌ・リーブスはどう思ったか

マトリックス レザレクションズ
©2021 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED.

映画『マトリックス レザレクションズ』には、ネオ役のキアヌ・リーブスやトリニティー役のキャリー=アン・モスと一緒に3部作からの復帰が期待されていたキャストがいた。モーフィアス役のローレンス・フィッシュバーンとエージェント・スミス役のヒューゴ・ウィーヴィングだ。シリーズに欠かせなかった俳優2人の不在に、キアヌ・リーブスはどう思っていたのだろうか

Uniladでキアヌが語ったところによれば、撮影中はフィッシュバーンとウィーヴィングについてたくさん考えたという。不在の訳については後述するが、キアヌは監督・脚本のラナ・ウォシャウスキーと話し合った結果、彼らが復帰しないことに納得したようだ。

クリエイティブ上の都合というだけです。彼女(ラナ監督)は、ご自身の決めたストーリーで先に進めたいと思っていました。とにかく、僕たちはヒューゴのこともローレンスのことも大好きです。彼らのことはずっと思っていました。

こう語るキアヌだが、エージェント・スミス役のヒューゴ・ウィーヴィングについては、元々復帰が検討されていた。ウィーヴィング自身も、撮影開始前に行われた脚本の読み合わせに参加していたことを明かしていたが、のちにスケジュールの都合で降板せざるをえなくなってしまったのだ。

一方、ローレンス・フィッシュバーンについては、キアヌが明かしたように“クリエイティブ上の都合”で復帰が叶わなかった模様。2020年8月、フィッシュバーンは「私は呼ばれていない」と明かしており、公開半年前の2021年6月にも出演を再否定していた

元祖モーフィアス&エージェント・スミス不在の穴がいかにして埋められたのか、そしてどのように進化したのかは本編を確認すると理解できる。それでも、成功体験を共にした仲間の不在に、復帰組は一抹の寂しさを抱えていたようだ。トリニティー役のキャリー=アンも「ストーリー上、ラナの中に起こった進化があったので、私たちはお手伝いするだけです」と、キアヌ同様に監督の決断に理解を示した上で、「彼らのことを考えないなんて無理なことです」と非復帰組2人への思いを語った。

Source: Unilad

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly