ローレンス・フィッシュバーン、『アントマン&ワスプ』ビル・フォスター役の再演に熱意 ― 次回は巨大化も希望?

マーベル・シネマティック・ユニバース随一のファミリー・コメディ、『アントマン』シリーズの第2作『アントマン&ワスプ』(2018)で初登場したビル・フォスター博士役のローレンス・フィッシュバーンが、早くも再演への熱意を示している。

コミックにおいて、ビル・フォスター博士はハンク・ピム博士と同じく物体のサイズを操る天才科学者であり、ブラック・ゴライアス(ブラック・ゴリアテ)なるヒーローとしても活躍。マーベル・コミックの大ファンで知られるローレンスは、自身が“変身”するチャンスを窺っているようだ。
CBR.comのインタビューで「ゴライアスとして復活するとしたら…」と問われたところ、ローレンスは「もちろんやりたい」と即答しているのである。

「(ブラック・ゴライアスとしての再登場は)もちろんやりたいですよ。実現したら超最高ですよね。」

ローレンス・フィッシュバーン

Dept. of Defense photo by Navy Petty Officer 2nd Class Dominique A. Pineiro/Released https://www.flickr.com/photos/thejointstaff/34117818524/

このインタビューには『アントマン&ワスプ』でプロデューサーを務めたスティーヴン・ブルサード氏も同席。ビル博士が“変身”する展開について尋ねられると、明言を避けつつもこう述べている。

「とてもクールなアイデアですけど、(今後の展開について)特にお話しできることはないんですよ…。ビル・フォスターの良いところは、どちらの方向にも進めることですよね。過去を掘り下げることもできますし、未来を描いていくこともできる。これまでに検討したアイデアは、すべて“これカッコいいんじゃない?”というところから出てきていますから。」

スティーヴン氏の言葉を聞いたローレンスは「なんでもできますよね」と応答。いずれ製作されるであろう『アントマン』シリーズの第3作では、ビル博士がスコット・ラング/アントマンと共闘する展開もありうるということか…?

 

ちなみに2018年8月、『アントマン&ワスプ』のペイトン・リード監督は、脚本段階ではビル博士がブラック・ゴライアスとしての姿を見せる展開が検討されていたことを英Empireにて明かしている。若かりしハンクとビルの回想シーンで、ビルが21フィート(約6.4メートル)に巨大化しようとする場面があったそうだが、これは「物語が横道に逸れすぎてしまう」として見送られたそうだ。

映画『アントマン&ワスプ』は2018年8月31日(金)より全国ロードショー

『アントマン&ワスプ』公式サイト:https://marvel.disney.co.jp/movie/antman-wasp.html

Sources: CBR, Empire, ComicBook.com
Eyecatch Image: Dept. of Defense photo by Navy Petty Officer 2nd Class Dominique A. Pineiro/Released

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。