Menu
(0)

Search

DC『フラッシュ』単独映画は2020年公開予定か ─ 監督「すべてが上手くいけば」

ジャスティス・リーグ
© JUSTICE LEAGUE and all related characters and elements are trademarks of and © DC Comics. © 2017 Warner Bros. Entertainment Inc. and RatPac-Dune Entertainment LLC. All rights reserved.

ワーナー・ブラザース&DCコミックス製作、エズラ・ミラー演じるバリー・アレン/フラッシュを主人公とする単独映画が、2020年の公開を目指していることがわかった。監督のジョン・フランシス・デイリーが、自身のTwitterにて明らかにした。

「すべてが上手くいけば、2020年中かな。」

この発言は、ファンからの「次の映画はいつ頃に楽しめますか?」との質問に答えてのもの。フラッシュの具体名こそ挙げられていないものの、現在ジョンが監督として従事している作品はフラッシュ単独映画のみ。(SF作品『Vacation Guide to the Solar System (原題)』はアナウンス段階。)

ジョンは、『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)で共に脚本を執筆したジョナサン・ゴールドスタンと共にFLASH単独映画の監督に就任している。タイトルについては正式アナウンスが待たれる状態であるが、『フラッシュポイント』にはならないことが示唆されている。

ジャスティス・リーグ』に登場したヒーローらの単独映画としては、『アクアマン』が2018年12月21日に公開予定。『サイボーグ』も2020年の公開予定とされているが、こちらについて詳しい情報は届いていない。

Source:John Francis Daley

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly