Menu
(0)

Search

DC映画『フラッシュポイント』は『ジャスティス・リーグ』の反応次第?米記者の噂話より

DCコミックス
The DC logo is a trademark of DC Comics.

ワーナー・ブラザース/DCコミックスによる映画フラッシュポイント(仮題)』の内容は、まもなく公開される『ジャスティス・リーグ』の結果によって変わることになるのかもしれない。米国メディアの関係者たちが語り合うポッドキャスト「Meet The Movie Press」にて、気になる噂話が語られた。

米バラエティ誌の記者ジャスティン・クロール氏は、このポッドキャストにて、ワーナー社が『フラッシュポイント』の監督を検討する作業を遅らせているという情報を耳にしたと発言。『フラッシュポイント』をはじめとした作品群について、同社はユニバース始まって以来のクロスオーバー映画『ジャスティス・リーグ』がどのように受け止められるかを見届ける方針なのだという。

もちろん、ここでクロール氏が発言した内容は一切公式のものではなく、単なる噂話の域を出るものではない
ただし『フラッシュポイント』を原作コミック通りに映画化すると、同作は『ジャスティス・リーグ』と同じく複数のヒーローが登場する「クロスオーバー作品」となるのだ。『ジャスティス・リーグ』の反応によって、そうした趣向を映画版でどこまで活かすのかが検討されるとしても不思議ではないだろう。ちなみにDCコミックスの幹部陣は、今後のユニバースを「作品をつなげない」という新戦略で進めていく方針を明らかにしている。

2018年にワーナー/DCは『シャザム!(原題:Shazam!)』と『ワンダーウーマン2(仮題)』、『バットガール(仮題)』、そして『スーサイド・スクワッド2(仮題)』を撮影するとみられる。なお『フラッシュポイント』の詳しいスケジュールは2017年10月時点で未定だが、脚本の初稿は完成しているということだ。

Source: https://batman-news.com/2017/10/29/rumor-wbs-waiting-for-justice-league-response-before-moving-forward-with-flashpoint/
The DC logo is a trademark of DC Comics.

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly