トム・ハーディがアル・カポネ演じる『フォンゾ』追加出演者発表!『ツイン・ピークス』カイル・マクラクランほか

映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(2015)や『ダンケルク』(2017)などで知られるトム・ハーディが、伝説のギャング、アル・カポネを演じる映画『フォンゾ(原題:Fonzo)』の追加出演者が発表された。米Variety誌が伝えている。

イタリア系アメリカ人のアル・カポネは、禁酒法時代に酒を密輸し、暴力をもってシカゴを牛耳っていたギャング。本作では、1931年に投獄されて以降、精神を蝕まれ、過去の記憶と現在が交錯する晩年のアル・カポネが描かれるという。


トム・ハーディ、暗黒街の帝王アル・カポネの晩年演じる? ― 新作映画『フォンゾ』の準備が進行中か

『ツイン・ピークス』カイル・マクラクランほか出演!

このたび『フォンゾ』への出演が判明したのは、映画『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015)のホークアイ妻役やドラマ『BLOODLINE ブラッドライン』(2015-)のリンダ・カーデリーニ、映画『クラッシュ』(2004)やドラマ『ウェイワード・パインズ 出口のない街』(2015)のマット・ディロン、映画『ジャージー・ボーイズ』(2014)のキャスリーン・ナーダッチ、そしてドラマ『ツイン・ピークス』シリーズの最新作『ツイン・ピークス The Return』(2017)でのカムバックが記憶に新しいカイル・マクラクランだ。

カイル・マクラクラン ©THE RIVER

『フォンゾ』で4人が演じるのは、いずれもアル・カポネに近しい人物たちだ。リンダ・カーデリーニはカポネの妻メエ(メアリー)役、マット・ディロンは親友ジョニー役、キャスリーン・ナーダッチは姉妹の一人であるロージー役、カイル・マクラクランは主治医カーロック役を務めるという。

 

本作の脚本・監督は、『クロニクル』(2011)やリブート版『ファンタスティック・フォー』(2015)のジョシュ・トランク。後者の批評的不振、および業界での悪評からしばらく名前が聞かれなかったが、アル・カポネを題材とする実話映画という新境地で復活となるだろうか。なおVariety誌によると、撮影は2018年4月2日(現地時間)より米国ルイジアナ州、ニューオーリンズにて開始されるという。

映画『フォンゾ』の劇場公開日などは不明。さらなる情報を楽しみに待とう。

Source: Variety
Eyecatch: Photo by Tim Cornbill  / Remixed by THE RIVER

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。