Menu
(0)

Search

21世紀フォックス株主、ディズニーとの事業統合に「待った」 ― 情報の不足で裁判所に訴えを提出

フォックス
Photo by Coolcaesar https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Foxstudiosentrance.jpg Remixed by THE RIVER

ウォルト・ディズニー・カンパニーと21世紀フォックスの事業統合に、思わぬ「待った」がかけられた。2018年7月6日(米国時間)、21世紀フォックスの株主が両社の取引中止を求める訴状をデラウェア州の裁判所に提出したという。米The Hollywood Reporter誌が伝えている。

このたび集団代表訴訟(クラスアクション)に踏み切ったのは、21世紀フォックスの株主であるロバート・ワイズ氏。訴えによれば、21世紀フォックスから6月28日に提出された資料には、同社の財務計画や、投資銀行であるゴールドマン・サックスやセンタービュー・パートナーズによる財務評価が記されていなかった、あるいはごまかされていたという。

ロバート氏は訴えの中で、「状況が改善されなければ、21世紀フォックスの株主は、提案されている取引に関する情報をすべて開示されないまま、取引への投票や評価の判断を強いられることになる」としている。端的に言えば、株主が事業統合についてなんらかの判断を下すには、企業側から与えられた情報が少なすぎたというわけだ。なお具体的には、21世紀フォックスの有する米Huluの財務計画などが不足していたという。

2018年6月20日(米国時間)、ディズニーと21世紀フォックスは、米コムキャストの再入札が報じられるなか、新たな買収額713億ドル(約7兆8,500億円※1ドル約110円換算)にて事業統合に合意した。その後、6月27日にはディズニーによる買収を米司法省が承認している(ただし承認にあたって、ディズニーは買収を予定していた、21世紀フォックスの有するローカルのスポーツ・チャンネル22局を手放した)。コムキャストによる再入札の可能性は残されているが、まだまだ状況は読めないところだ。

このたび報じられた21世紀フォックスと株主間の訴訟については、企業側の対応によって穏やかな結末に落ち着く可能性が高いとみられる。今後の情報にも引き続き留意しておきたい。

Source: THR
Eyecatch Image: Photo by Coolcaesar Remixed by THE RIVER

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly