Menu
(0)

Search

『アナと雪の女王3』はあり得るのか ─ オラフ役が考える実現のための条件とは?

アナと雪の女王2
Supplied by LMK / ©Walt Disney Studios / 写真:ゼータ イメージ

世界各国で大ヒットを連発させた2013年公開の『アナと雪の女王』の記録を塗り替え、ディズニーアニメーション史上最高の世界興収を記録したシリーズ第2作『アナと雪の女王2』(2019)。米ディズニーにとっても継続していきたいであろう『アナ雪』に、さらなる続編の可能性はあるのだろうか?

これまで続編の可能性について言及してきたのは、作品の愛されキャラであるオラフ役のジョシュ・ギャッド。『アナと雪の女王』1作目に出演後は、実写映画版『美女と野獣』(2017)のル・フウ役を演じており、ディズニーとは馴染み深い。今後はル・フウとガストン(演:ルーク・エヴァンス)の『美女と野獣』スピンオフを予定しているギャッドは、『アナ雪』ユニバースの拡張についてどう思っているのだろうか。

どうやらギャッドは続編の製作自体には前向きなようで、第2作公開から半年が経過した2020年6月、第3作製作の可能性に「語られるべき物語があればいつか製作される」と私見を述べていた。そのギャッドは、『アナと雪の女王2』公開後にコロナ禍でスタートしたオラフのミニシリーズで自宅から収録に参加するほどの精力ぶりを見せ、シリーズ継続に貢献している。

それでは、2021年11月現在の気持ちはというと……?アイルランドのラジオ番組Dublin’s 98FMにて、ギャッドは再び『アナ雪3』の可能性について口を開いている。

『アナと雪の女王3』は、それが存在する理由がなければ実現しないでしょう。製作チームの皆さんのことは心から信頼していますし、彼らのおかげで、素晴らしいアイデアが浮かばない限り作る必要はないと思える。逆に、アイデアが出てきた次の瞬間には、彼らが真っ先に“よし、やりましょう”と言うことも分かっています。ただ、今は『アナと雪の女王3』はありません。

続編製作に対するギャッドのスタンスは、一貫して変わっていないようだ。そもそも、『アナ雪』シリーズは、2作目で完結することが『アナと雪の女王2』の公開前から監督・脚本のジェニファー・リーの口から明かされている。リー監督と同じ時期、プロデューサーのピーター・デル・ヴェッチョも「2作目より先のことは考えていません」と話していたが、その一方で「1作目を作った時は、2作目があることは知りませんでした」と、映画封切り後に続編製作の道が開けたことを語っていた

第2作公開後、リー監督もプロデューサーのヴェッチョも、上述のオラフのミニシリーズに携わっている。2人は、決して『アナ雪』ユニバース継続に消極的なわけではないようだ。とにかく今は、ギャッドが強調する“作るべき理由”が第3作実現の鍵を握っているということだろう。

Source: Dublin’s 98FM,Insider,RadioTimes

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly