Menu
(0)

Search

『ワンダーウーマン』ガル・ガドット、ディズニー実写版『白雪姫』邪悪な女王役で最終交渉中

ガル・ガドット
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/35401982293/ Remixed by THE RIVER

ディズニーによる『白雪姫(原題:Snow White)』実写版映画の邪悪な女王・魔女役として、『ワイルド・スピード』『ワンダーウーマン』シリーズなどのガル・ガドットが最終交渉中にあることがわかった。Deadlineが報じている。

邪悪な女王といえば、アニメ映画版『白雪姫』(1937)にて「鏡よ、鏡、この世で一番美しいのは誰?」と魔法の鏡に問いかけ、「美しいのは白雪姫」と答えられたことに怒り、継子である白雪姫を毒りんごで殺そうと計画したヴィランだ。ガル・ガドットが、ケイト・ブランシェットやアンジェリーナ・ジョリーらとともにディズニー・ヴィランズの仲間入りを果たす日も近そうだ。

このたびの実写版にて白雪姫役を演じるのは新鋭、レイチェル・ゼグラー。スティーブン・スピルバーグによる『ウエスト・サイド・ストーリー』(2021年12月10日公開)をはじめ、DC映画『シャザム!』(2019)の続編『Shazam! Fury of the Gods(原題)』にも出演する俳優である。監督を務めるのは、『アメイジング・スパイダーマン』シリーズをはじめ、『(500)日のサマー』(2009)『gifted/ギフテッド 』(2017)などのマーク・ウェブだ。

音楽を担当するのは、『ラ・ラ・ランド』(2017)『グレイテスト・ショーマン』(2017)のベンジ・パセクとジャスティン・ポール。ふたりが書き下ろした新たな楽曲とともに、グリム兄弟による原作の物語に新たな息吹が吹き込まれる。製作を担当するのは、『メリー・ポピンズ リターンズ』(2019)『アラジン』(2019)などのマーク・プラット。撮影は、2022年内に開始予定とされている。

あわせて読みたい

Source:Deadline

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly