【X-MENスピンオフ】チャニング・テイタム主演『ガンビット』が相変わらず製作遅れまくりの模様

映画『X-MEN』シリーズでプロデューサーと脚本を務めるサイモン・キンバーグ氏が、スピンオフ作品『ガンビット(原題)』の製作状況について語った。

『ガンビット』はチャニング・テイタム主演で、当初2016年公開予定とアナウンスされていた。しかし製作は難航しており、20世紀フォックス社は公開予定日をいったん白紙に戻している。すでに脚本作業はほぼ完了したようだが……どうやら製作はいまだ遅れ続けているということだ。

『X-MENユニバース』のスケジュールが明らかに 『ニュー・ミュータンツ』『ガンビット』は既に脚本完成

こちらがコミックのガンビット。 http://www.forbes.com/sites/scottmendelson/2015/09/17/fox-need-not-turn-x-men-into-the-avengers-of-their-own-mini-me-marvel-franchise/#25231c821c3a

こちらがコミックのガンビット。
http://www.forbes.com/sites/scottmendelson/2015/09/17/fox-need-not-turn-x-men-into-the-avengers-of-their-own-mini-me-marvel-franchise/#25231c821c3a

「完成まで10年はかからない」

もっともキンバーグ氏は、『ガンビット』の製作が遅れているのは「普通のこと」だと述べている。

「『ガンビット』みたいな映画には特別にして唯一の“トーン”が必要で、それを見つけるのに時間がかかっているんだ。『デッドプール』なんか、いきなりポッと出てきたように思われるけど、製作には10年かかったんだよ。『ガンビット』は10年かからないことを願ってるけど、ベストな“トーン”と“声”を手に入れるには時間がかかるのさ。デッドプールと同じように、コミックのガンビットは特別な“声”を持っている。僕たちはその“声”を確実につかまえたいんだ。今のところガンビットにふさわしい脚本もできているし、かなり近いところにいると思う」

©20th Century Fox http://deadline.com/2016/02/deadpool-zoolander-2-how-to-be-single-valentines-weekend-box-office-1201699895/

俺ちゃん10年もかかってるの!?
©20th Century Fox
http://deadline.com/2016/02/deadpool-zoolander-2-how-to-be-single-valentines-weekend-box-office-1201699895/

「脚本はできている」というあたり、確実に『ガンビット』の製作は進んでいるようだ。しかし以前キンバーグ氏が話していたような、「2017年春に撮影開始」というスケジュールが実現するかどうかはわからない。

たとえばデッドプールの場合、2009年の『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』に登場してから単独映画が公開されるまで約7年を要している。ガンビットも『ウルヴァリン』に登場している(テイラー・キッチュが演じた)ので、製作期間はさておき、初登場から単独映画までに10年かかる可能性は十分にある

ファンには待ち遠しい『ガンビット』単独映画だが、こうなったらできるだけ時間をかけて良い作品に仕上げてほしいところだ。

source: http://www.slashfilm.com/simon-kinberg-star-wars-x-men/

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。