X-MENスピンオフ『ガンビット』監督に『パイレーツ・オブ・カリビアン』の実力派が契約交渉中!主演はチャニング・テイタム

マーベル/20世紀フォックス社による映画『X-MEN』シリーズのスピンオフ作品『ガンビット(原題:Gambit)』が、その長い沈黙を破ってついに動き出すことになりそうだ。『パイレーツ・オブ・カリビアン』3部作(2003-2007)を手がけたゴア・ヴァービンスキー監督が、20世紀フォックスとの契約交渉に入っているという。米Deadlineバラエティ誌ほか複数のメディアが報じている。

本作『ガンビット』にて主演・製作を兼任するのは、『ローガン・ラッキー』(2017年11月18日公開)や『キングスマン:ゴールデン・サークル』(2018年1月5日公開)など話題作への出演が相次ぐチャニング・テイタム。『21ジャンプ・ストリート』(2012)や『マジック・マイクXXL』(2015)など数々の作品を経て、トップスターへの仲間入りを果たした“今もっとも注目される俳優”の一人だ。

しかし2016年公開予定だった『ガンビット』は、これまで幾度となく挫折を味わってきた企画である。2015年にチャニングの主演・製作が決定するも、同年に監督を務める予定だったルパート・ワイアットが降板。公開予定が白紙となり、2016年8月には後任のダグ・リーマンもプロジェクトを離脱した。その後、2017年7月にはチャニングがプロジェクトの続行を明言している

このたび契約交渉に入ったことが伝えられたゴア・ヴァービンスキー監督は、『パイレーツ・オブ・カリビアン』3部作のほか、『ランゴ』(2011)や『ローン・レンジャー』(2013)を手がけてきた。脚本は『007 慰めの報酬』(2008)や『パトリオット・デイ』(2016)のジョシュア・ゼトゥマーが執筆している。

本作でチャニングが演じるレミー・ルボー/ガンビットは、手に持つ物体に破壊エネルギー(キネティック・エネルギー)を込める能力の持ち主。主にトランプを投げて攻撃するほか、棒術などを操るキャラクターでもある。
長らくプロジェクトの実現を目指してきたチャニングは、2017年7月、その脚本について「観たことのないジャンルの映画にしようとしていた。[中略]今では脚本でずっとやりたかったことができつつある」と自信をにじませていた。いよいよ監督の契約交渉にも入り、製作はまもなく本格始動となりそうだ。

映画『ガンビット』の劇場公開時期は未定。

Sources: http://deadline.com/2017/10/gambit-gore-verbinski-channing-tatum-x-men-spinoff-1202182926/
http://variety.com/2017/film/news/gore-verbinski-direct-channing-tatum-gambit-1202582171/
Eyecatch Image: Photo by Gage Skidmore ( https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/6851535588/ )

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。