X-MENスピンオフ映画『ガンビット』は「ロマンティック・コメディ風」 ― ディズニーのFOX買収も、企画開発は継続中

映画『X-MEN』シリーズの最新作『X-MEN: ダーク・フェニックス(邦題未定、原題:Dark Phoenix)』で脚本・監督を務め、長らくシリーズのプロデューサーとして活躍してきたサイモン・キンバーグが、『X-MEN』シリーズの今後について語った。ウォルト・ディズニー・カンパニーによる20世紀フォックス買収が進行するなか、製作陣はシリーズの開発を継続的に進めていく方針だという。

IGNのインタビューにて、サイモンは『ニュー・ミュータンツ(邦題未定、原題:New Mutants)』やチャニング・テイタム主演『ガンビット(邦題未定、原題:Gambit)』などの制作状況を明かしている。なかでも注目は、『ガンビット』が“ロマンティック・コメディ風”の映画になるということだろう。

「『デッドプール』(2016)はR指定の猥雑なコメディで、『LOGAN/ローガン』(2017)は西部劇。『ガンビット』はロマンティック・コメディになりますし、『ニュー・ミュータンツ』は明らかなホラー映画です。ガンビットは女たらしの詐欺師で、自信たっぷりで、偉そうなところがあると思います。ロマンティック・コメディにふさわしいですよね。」

ただしサイモンは、このように付け加えることも忘れなかった。

「僕は“ロマンティック・コメディ”という言葉をゆるやかに使っています。『LOGAN/ローガン』に“西部劇”という言葉を使っているのと同じです。『LOGAN/ローガン』は真昼間にガンマンが出てくる映画ではありません。そういう雰囲気だ、ということで。『ガンビット』にはロマンティック・コメディやセックス・コメディの雰囲気があるわけです。でも、ほかの映画と同じくヴィランやヒーローが登場する、きちんとしたスーパーヒーロー映画ですよ。」

 

『ガンビット』は2019年6月の米国公開が予定されていたが、2015年の企画始動以来、すでに3人の監督がプロジェクトを離脱。監督後任者をめぐる状況は不明だが、サイモンは「最高の脚本があるので、来年(2019年)の早いうちに撮影を始めたい」と述べている。

なおサイモンによると、ジェームズ・フランコの関与が報じられた『マルチプル・マン(邦題未定、原題:Multiple Man)』は脚本の執筆作業中、『デッドプール』シリーズの新作となる『Xフォース(邦題未定、原題:X-Force)』については、脚本・監督のドリュー・ゴダードが「数週間後に脚本作業を開始する」とのこと。

映画『X-MEN: ダーク・フェニックス(邦題未定、原題:Dark Phoenix)』は2019年2月14日に米国公開予定

Source: IGN
Eyecatch Image: Photo by JD Hancock

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。