X-MENスピンオフ『ガンビット』撮影開始を延期へ ― 3度目の監督降板で再び暗雲、米報道

20世紀フォックス製作、映画『X-MEN』シリーズのスピンオフ作品『ガンビット(原題:Gambit)』の撮影開始が延期されると米国にて報じられている。この情報を入手したのは、映画の撮影スケジュールに関する有力情報を随時伝えている米Omega Undergroundだ。

2018年1月、『ガンビット』で監督を務める予定だったゴア・ヴァービンスキーがスケジュールの都合でプロジェクトを離脱。これを受けて、本作の米国公開日は2019年2月14日から同年6月7日へと延期されていた。今回の撮影開始延期についても、監督降板による製作体制の再構築に伴うものとみられる。

これまで20世紀フォックスは、『ガンビット』の撮影を2018年3月よりルイジアナ州のニューオーリンズにて行う予定だったとされる。ただしOmega Undergroundによれば、『ガンビット』の製作スケジュールが見直されることになったようだ。
同サイトは、あくまで推測の域を出ないものとして、製作は監督の後任者が決定するまで一時中断されるのではないかと記している。また記事によると、撮影時期の変更によって、『ガンビット』の撮影地がニューオーリンズからカナダのケベック州モントリオールに変更される可能性もあるという。モントリオールは『X-MEN』シリーズの撮影に使用された前例があるほか、仮にニューオーリンズの撮影スタジオが使えない場合でも、モントリオールならば場所を確保できる可能性があるようだ。

本作『ガンビット』は、チャニング・テイタムの主演・製作によって2015年から企画が進められてきた。しかし2015年10月にルパート・ワイアット監督が、2016年8月には後任者のダグ・リーマン監督が相次いでプロジェクトを降板しており、その後しばらくは企画が凍結状態にあったとみられる。2017年夏に本格再始動が伝えられたが、3度目の監督降板によって、撮影開始を控えながらも製作は一時ストップしているようだ。なお、チャニングは現在もプロジェクトに携わっているという。

 

映画『ガンビット』は2019年6月7日に米国公開予定。紆余曲折あるが、今度こそ完成にこぎつけてほしい……!

ウルヴァリン:X-MEN ZERO

『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』
ブルーレイ発売中
¥1,905+税
20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント

(C)2013 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

 

Sources: http://omegaunderground.com/2018/01/29/gambits-march-production-start-nola-given-axe/
http://comicbook.com/marvel/2018/01/29/gambit-delayed-pulled-production-schedule-2018/

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。