Menu
(0)

Search

『アメイジング・スパイダーマン3』の可能性を質問されたアンドリュー・ガーフィールド、「誰も僕の言うことを二度と信じない」と狼少年状態に

アンドリュー・ガーフィールド
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/9355630074/

アメイジング・スパイダーマン』シリーズ2作に主演ししたアンドリュー・ガーフィールド。ファンの間では『アメイジング・スパイダーマン』シリーズ第3作が期待されているが、その可能性に関する質問に開き直ったコメントで反応している。

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』の公開前、本作にサム・ライミ版トリロジーに主演したトビー・マグワイアとガーフィールドが登場するのではないかと噂が飛び交い、その話題が取材などで出る度に何度も嘘をつかざるを得なかったガーフィールド。もっとも、マーベル・スタジオと秘密保持契約を交わしたキャストはいかなる情報漏洩も許されないため、単にガーフィールドは嘘をつくことで職務をまっとうしていたにすぎない。よって、万が一にも『アメイジング・スパイダーマン3』の企画が進行していてガーフィールドの主演が決定していたとしても、その情報については口外無用だ。

そんな答えにくい質問を、アカデミー賞のレッドカーペットで米The Hollywood Reporterに投げかけられたガーフィールドが、「僕から最新情報はありません。誰も僕の言うことを二度と信じないでしょう。それが僕の問題です」と返答。すっかり狼少年状態になってしまったため、「何を言っても信じてもらえないから何も言わない」というスタンスを取っているようだ。ガーフィールドの苦難はなお続く?

なお、『アメイジング・スパイダーマン』シリーズの続編については『ノー・ウェイ・ホーム』の公開後、ファンが第3作へのガーフィールド続投を求めてハッシュタグ「#MakeTASM3」を展開。「Make The Amazing Spider Man 3(『アメイジング・スパイダーマン3』を作って)」と掲げるキャンペーンがTwitterでトレンド入りするなど、大きな盛り上がりを見せていた。

あわせて読みたい

Source:The Hollywood Reporter

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly