Menu
(0)

Search

『ワイルド・スピード』脚本家、製作側は「完結を考えていない」と持論 ─ 大手スタジオの拝金主義を批判か

『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』
© 2021 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

全11作での完結が伝えられている『ワイルド・スピード』シリーズの将来について、第1作『ワイルド・スピード』(2001)で脚本を務めたゲイリー・スコット・トンプソンが持論を語っている。いわく、制作の米ユニバーサル・ピクチャーズは、「完結させることを考えていない」という。

トンプソンは、1987年に脚本家デビューを飾ったが、キャリアを押し上げた作品こそ、2001年の『ワイルド・スピード』だ。同作の脚本執筆には、『スーサイド・スクワッド』(2016)のデヴィッド・エアーも携わっているが、トンプソンは原案も手がけた、いわば『ワイスピ』生みの親である。

もっとも、スコットが『ワイスピ』に携わったのは第1作のみ。以降、最新作『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』(2021)までは、“キャラクター原案”としてクレジットされている。そんなトンプソンは、完結が発表されているはずの『ワイスピ』が完結しないと考えているようだ。「『ワイスピ』の完結にあなたはどんな結末を想像しましたか?」という米MovieWebからの質問に、トンプソンは以下のように答えている。

「彼ら(ユニバーサル)は、僕が考えていた終わり方とは別のものを見ているでしょう。そもそも、完結させることすら考えていないんじゃないでしょうか。お金を稼ぎすぎているから。前に、僕はユニバーサルの幹部からこんなことを言われましたよ。“私たちにとってのマーベル・ユニバースを生み出してくれてありがとう”って

彼らはマーベルと競っているんですよ。最近、(大手)スタジオから出てくる作品って、マーベルとかディズニー、ワイスピ、DCコミックスくらいじゃないですか。こういう映画は、作るのに金はかかるけれど、その分稼げる。死ぬまで書き続けるんじゃないでしょうか。

トンプソンの意見は、ハリウッドの大手スタジオの拝金主義を指摘したものとも捉えられる。これを強調させるかのごとく、『ワイルド・スピード』以降のトンプソンのフィルモグラフィーには、ハリウッドの大手スタジオ製作による作品はない。

懸念ともとれるトンプソンの“完結させることすら考えていない”という指摘は、部分的には的を得ている。2001年から始まった『ワイスピ』映画シリーズは全11作で完結するものの、これとは別にメインサーガからは独立した『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』の続編や、複数のスピンオフ作品が企画されているのだ。

フランチャイズを完結させることが最善の道であるとは限らない。しかし、自分のビジョン通りの結末ではないどころか、それすらを越えて金儲けのために拡大され続けることに、ストーリーを生み出した本人抱く気持ちは想像に難くない。

Source:MovieWeb

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

モーリタニアン 黒塗りの記録

【レビュー】『モーリタニアン 黒塗りの記録』シリアスと娯楽性のバランス ─ カンバーバッチも自ら出演志願した理由とは

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

Ranking

Daily

Weekly

Monthly