Menu
(0)

Search

『ゴーストバスターズ/アフターライフ』予習ガイド ─ ネタバレ無しレビュー、海外の反応、キャスト、あらすじまで

ゴーストバスターズ/アフターライフ
2394264 - GHOSTBSUTERS: AFTERLIFE

「Who you gonna call?  Ghostbusters!!♫(誰を呼ぶ?ゴーストバスターズ!)」の曲でお馴染み、1980年代のSF超常現象コメディ映画『ゴーストバスターズ』が、最新作『ゴーストバスターズ/アフターライフ』として約33年ぶりにスクリーンに蘇る。2016年にはリブート版『ゴーストバスターズ』が製作されたが、2022年2月4日(金)より公開を迎えた『アフターライフ』は、『ゴーストバスターズ2』に続く正統な続編と言われている。

しかしながら、キャストは一新。舞台も喧騒の街ニューヨークから、見渡す限り荒野の中西部オクラホマ州に移るようだ。オリジナル版のレガシーがどれほど踏襲されているのか。主人公の子どもたちは何者なのか。手と足が生えたあの可愛いちっちゃなマシュマロは何?予告編だけでもたくさんの疑問が湧いてくるだろう。

本記事では『ゴーストバスターズ/アフターライフ』の予習として、知っておくべき必要最低限の情報を網羅。海外メディアの反応や一足先に鑑賞する機会に恵まれた筆者による簡単なレビューも載せておくので、鑑賞前にぜひご一読を。

あらすじ

30年にわたり、原因不明の地震が頻発していた米オクラホマ州の片田舎。この奇妙な土地に、3人家族が引っ越してきた。シングルマザーのキャリー、長男のトレヴァー、そして長女のフィービーだ。引っ越しのきっかけは、疎遠にしていたキャリーの父親の死。荒野にポツンと建った、地元民から不気味がられていた古い屋敷を父親から相続したキャリーと2人の子どもは、怪奇現象が起こる新居での生活を始めることになる。

そこでトレヴァーとフィービーは、見たこともないハイテク装備の数々、そして“ECTO-1”と書かれた改造車を発見。2人の祖父とは、かつてニューヨークの街をゴーストから救ったゴーストバスターズの1人、科学者のイゴン・スペングラーだった。祖父が遺したものを手がかりに街に潜む謎を解明していく傍ら、田舎町に解き放たれたゴーストたちの退治に挑んでいくフィービーたち。少年少女vs.ゴーストたちのハラハラ追跡バトルが幕を開ける。

ゴーストバスターズ/アフターライフ
Trevor (Finn Wolfhard), Phoebe (Mckenna Grace) and Podcast (Logan Kim) in Columbia Pictures’ GHOSTBUSTERS: AFTERLIFE.

キャスト

人気コメディ俳優たちをメインキャストに起用したオリジナル2部作からは打って変わって、『ゴーストバスターズ/アフターライフ』ではフレッシュな顔ぶれが揃った。主人公のフィービー役には、クリス・エヴァンスと親子役を演じた『gifted/ギフテッド』(2017)で一躍注目を浴び、『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』(2017)や『キャプテン・マーベル』(2019)『アナベル 死霊博物館』(2019)といったハリウッド作品に出演してきたマッケナ・グレイス。兄のトレヴァー役は『IT/イット』シリーズや「ストレンジャー・シングス 未知の世界」(2016-)のマイク役でお馴染みのフィン・ウルフハードが演じている。

2人の脇を固めるキャストには実力派が集結。フィービーが通うサマースクールの教師役を『アントマン』シリーズのポール・ラッド、兄妹の母キャリー役を『ゴーン・ガール』(2014)や『アベンジャーズ』シリーズのプロキシマ・ミッドナイト役で知られるキャリー・クーンが演じる。さらに、フィービーと仲を深める友人ポッドキャスト役にローガン・キム、トレヴァーが思いを寄せる年上の少女ラッキー役に『ザ・スイッチ』(2020)などのセレステ・オコナーと、次世代を担う若手キャストも活躍を見せる。

キャラクター名 キャスト 日本語吹替声優
フィービー マッケナ・グレイス 上白石 萌歌
トレヴァー フィン・ウルフハード 梶 裕貴
キャリー キャリー・クーン 朴 璐美
グルーバーソン ポール・ラッド 木内 秀信
ポッドキャスト ローガン・キム 高山 みなみ
ラッキー セレステ・オコナー 日笠 陽子

製作陣

本作でメガホンを取るのは、『ゴーストバスターズ』シリーズで監督を務めたアイヴァン・ライトマンの息子、ジェイソン・ライトマン。幼い頃に『ゴーストバスターズ』の撮影現場に参加したジェイソン・ライトマン監督は、『JUNO/ジュノ』(2007)や『マイレージ・マイライフ』(2009)などで映画監督・脚本家としての手腕を発揮した。『アフターライフ』では、『モンスター・ハウス』(2006)や『ポルターガイスト』(2015)などのギル・キーナンと共同で脚本も執筆している。

プロデューサーには、シリーズの生みの親アイヴァン・ライトマン監督が就任しており、まさに親子二人三脚での製作が実現した。音楽には、ジェイソン・ライトマン監督『フロントランナー』(2018)のほか、『gifted/ギフテッド』や『(500)日のサマー』といったマーク・ウェブ監督作品も手掛けるロブ・シモンセン、撮影監督に『フロントランナー』のエリック・スティールバーグ、編集に『JUNO/ジュノ』『マイレージ、マイライフ』、『抱きたいカンケイ』(2011)などライトマン親子の長年のコラボレーターであるデイナ・E・グローバーマン。ライトマン作品の常連クリエイターがそれぞれ登板している。

海外の反応

ゴーストバスターズ/アフターライフ
2394264 – GHOSTBSUTERS: AFTERLIFE

米レビューサイトRotten Tomatoesにて、批評家スコアは62%に留まっているものの、一般の観客が評価するオーディエンススコアでは94%を獲得している(本記事掲載時点)。オリジナル2作がそうであったように、家族、友人と一緒に楽しめるポップコーン映画として受け入れられているようだ。

2021年8月、本作の海外最速レビューがSNS上で公開。シリーズ33年ぶりの続編とだけあり、各メディアの記者やジャーナリストからはノスタルジックな演出に対する賞賛の声が多く見られた。

「これこそが正しいノスタルジーです。クラシックな『ゴーストバスターズ』の場面と、新世代が楽しめるような新鮮でユニークなひねりのある展開がミックスされています。鳥肌が立ちました。」スコット・メンゼル(ハリウッド批評家協会賞 創業者)

「最高な新キャラと多くのサプライズ、すっごく懐かしくなるような笑いで溢れているんです。」ジェルマン・ルシア(io9,Gizmode)

「この映画は僕にとっての全てで、傍からみれば一見区別もつかないようなエモーショナルな続編です。これこそファンが待ち続けていたもの。」ベン・メクラー(俳優、脚本家、監督)

また、同年10月には、各メディアの批評家によるフルレビューも解禁に。英Empireは、本作について「オリジナル版と同じことをそっくりそのままやろうとしているのではなく、代わりに間抜けなバディコメディ、びっくり屋敷の恐怖といった独自のモノを作り上げている」と評価。「我々が知っている『ゴーストバスターズ』ではないが、全体的に雰囲気は出ている」と総括した。

IGNは、「リブート、リメイク、焼き直しの時代において…」と映画業界をめぐる近年の傾向に着眼しながら、「オリジナルのファンを喜ばせることと新しい観客にも刺さるようなものを作ることの絶妙なラインのバランスを取っている」とレビュー。また、一新されたキャストについては映画を支える「強み」と表現した上で、「才能がある俳優や、思いがけない性格俳優で溢れている」と記している。

一方で、「この愛されるフランチャイズの復活劇は、かつてのものへの過度な依存のせいで苦戦している」(米Indiwire)、「この今更感のある続編は、オリジナル版のような間抜けたちを踏みにじり、スーパーヒーローへと変えてしまっている」(英Independent)と辛口な意見を記しているメディアもある。

ちなみに米Varietyは、『アントマン』シリーズで知られるポール・ラッドの演技を絶賛。ラッドは「映画の半分以上の爆笑をさらっており、自分自身をコメディのMVPだと証明し続けている」とまで言わしめている。

ゴーストバスターズ/アフターライフ
Paul Rudd

THE RIVERレビュー

上述の「リブート、リメイク、焼き直しの時代」という言葉の通り、ここ近年は「あの名作、◯十年ぶりの続編」という肩書き作品が多いように感じる。こうした類の作品において1つのハードルとなるのが、現代の観客の反応だ。当時オリジナル版が得た熱狂を知らない世代が観ても楽しめなくては、どんなに往年のファンに懐かしさを与えたとて、どうしても惜しい部分を残してしまう。

その意味で、まさにシリーズ33年ぶりの続編である『ゴーストバスターズ/アフターライフ』は、新旧ファンの両方に対して“最大限のエンターテイメント”を提供しようとする均整の取れた仕上がりになっている。その要となったのが、オリジナル人気に頼りすぎない「次世代の新しい物語」としてまとめ上げているところ。先で述べられている英Independentの「オリジナル版のような間抜けたちを踏みにじり、スーパーヒーローへと変えてしまっている」という指摘は、『ゴーストバスターズ』を現代のハリウッドの潮流で置き換えようとしたことへの不満を綴ったものと思われる。こうした「焼き直し」を(特に往年のファンに)感じさせてしまう点を完全に否定することはできないものの、近年のリバイバル作品としては大いに成功しているのが、『アフターライフ』という映画である。

ゴーストバスターズ/アフターライフ
Lucky (Celeste O’Connor), Trevor (Finn Wolfhard), Podcat (Logan Kim) and Phoebe (McKenna Grace) in Columbia Pictures’ GHOSTBUSTERS: AFTERLIFE.

その一例として挙げられるのが、ティーン世代に大人気なドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」に近いストーリーテリングが用いられているということ。元々「ストレンジャー・シングス」とは、『ゴーストバスターズ』をはじめとする過去の名作オマージュをふんだんに用いた作品としても有名だ。中年のおじさん4人から少年少女に主人公を変えた『アフターライフ』では、子どもの視点を通して、成長物語やホラー、コメディ、アクションといった多ジャンル要素が融合されている。特に、オリジナル版からはスリラー/ホラー要素が増強され、たびたび訪れるジャンプスケア演出はコメディに油断し丸くなった背中を後ろから突いてくるようだ。

本作の舞台は、大都市ニューヨークから中西部オクラホマ州の片田舎に移動する。一見何の変哲もない荒野が広がる田舎町なのだが、得体の知れない何かが身を潜めている感、そして登場人物が恐怖を抱きながらも未開の土地に足を踏み入れてしまう感は、“音を立てたら即死”の『クワイエット・プレイス』シリーズに近い。しかし、本作の場合、その探検者は『グーニーズ』(1985)に登場するようなピュアでナーディな子どもたちだ。彼らと同世代の観客はジェットコースターに乗っているように感情を揺らしながらキャラクターに感情移入するだろうし、往年のファンを含めた大人は固唾を呑んで子どもたちの冒険を見守りたくなるような物語になっている。

もっとも、あの『ゴーストバスターズ』の正統な続編ということで、嬉しいサプライズも期待してしまうだろう。大作モノにおいて、サプライズ演出は存在感を年々増してきているが、映画としてこれに依存しすぎると単なる“サプライズ映画”になってしまうという弱点もある。しかし、本作は新世代の物語を思う存分堪能できる上に、食後のデザートのような感覚で幸福度を満たしてくれるような別腹サプライズが待っている。『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』では前代未聞のサプライズ演出に鳥肌が立った方も多いだろうが、あくまで主軸はピーター・パーカーの物語に置かれていた。これと同じように、本作も軌道を外さない直球でありながら、それでいて全く異なる投球法によって観客に感動をもたらしてくれるはずだ。

ゴーストバスターズ/アフターライフ
2394264 – GHOSTBSUTERS: AFTERLIFE

マッケナ・グレイス、アーティストとして注目

最後に注目していただきたいのが、主人公フィービーを演じているマッケナ・グレイスの成長ぶりについて。グレイスといえば『gifted/ギフテッド』を皮切りに、知名度も実力もメキメキ上げているが、実は『ゴーストバスターズ/アフターライフ』では歌手デビューを飾っている。

2020年、米レーベルPhoto Finish Recordsと契約を交わしたグレイスは、翌21年11月にデビューシングル「Haunted House」をリリース。そして同曲は、『アフターライフ』のテーマ曲にも起用された。ミュージックビデオでは自ら出演を兼ねており、力強いハイトーンボイスを披露している。

歌手としても成功しているハリウッドの若手俳優といえば、『グレイテスト・ショーマン』(2017)や『スパイダーマン』シリーズのゼンデイヤや、『バンブルビー』(2018)「ホークアイ」(2021)などのヘイリー・スタインフェルドが挙げられるが、グレイスのアーティスト活動も応援したいところだ。

映画『ゴーストバスターズ/アフターライフ』は全国公開中。

Source: Rotten Tomatoes,Empire,IGN,Indiwire,Independent,Variety

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly