Menu
(0)

Search

【特集】ゴールデングローブ賞監督賞ノミネート、3名の女性監督クロエ・ジャオ&レジーナ・キング&エメラルド・フェネルを徹底解剖

レジーナ・キング Regina King クロエ・ジャオ Chloe Zhao エメラルド・フェネル Emerald Fennel
Photo by Gage Skidmore https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Regina_King_by_Gage_Skidmore.jpg|Photo by Gage Skidmore https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Chloe_Zhao_(48462722666).jpg|Photo by Mark Jones https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Emerald_Fennell25-03-2013_MarkJones.jpg|Remixed by THE RIVER

近年、ハリウッドにおける女性映画監督の活躍が顕著に見られている。米Varietyによれば、映画興行収入ランキングトップ100のうち女性監督が手がけた作品が含まれている割合として、2018年は4%、2019年は12%と推移していくなか、2020年は更に上昇。2018年と比較して12%増の16%を記録している。これは映画産業における着実な進歩として捉えられるだろう。

この前向きな一歩を後押しするかのように、ハリウッドにおいて変化が形となって現れた。アカデミー賞の前哨戦として知られ、主要な授賞式の先陣を切るゴールデングローブ賞の第78回ノミネーションにて、同授賞式史上初となる映画部門監督賞で3名の女性監督が名を連ねたのだ。その3名が、『Promising Young Woman(原題)』のエメラルド・フェネル監督、『あの夜、マイアミで』のレジーナ・キング監督、そして『ノマドランド』のクロエ・ジャオ監督。ハリウッドで活躍する大勢の女性監督の中でも頭角を現すクリエイターだ。

この歴史的快挙の当事者として名を挙げられた3人は、属してきた環境や歩んできたキャリアは違えど、共通して見られる固い信念を持っている。そんなフェネル監督、レジーナ・キング監督、ジャオ監督への理解を深めてもらうべく、本記事では彼女たちのこれまでのキャリアやフィルモグラフィー、そしてノミネートされた監督作品を紹介していきたい。

エメラルド・フェネル『Promising Young Woman』

英ロンドン出身のフェネルは、自身のキャリアを監督ではなく女優にてスタートさせた。2006年にドラマの端役で役者デビューを飾り、その後は『PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~』(2015)『リリーのすべて』(2015)「ザ・クラウン」(2016-)など、複数の話題作に出演を重ねた。

監督デビューは2018年。脚本から携わった短編映画「Careful How You Go(原題)」を手がけた。「Fleabag フリーバッグ」(2016-2019)で知られる女優フィービー・ウォーラー=ブリッジが出演した本作は、サンダンス映画祭短編部門の最高賞である審査員賞にノミネートされている。そして、このたび快挙を成し遂げた『Promising Young Woman』で監督2作目、さらに言えば長編映画デビューを飾った。

『Promising Young Woman』は、強姦が原因でこの世を去った友人の死をきっかけに、女性を軽視する男性たちへの報復を誓う女性カサンドラの爽快な復讐劇を描いたスリラー作品。主人公カサンドラ役は、『17歳の肖像』(2009)『わたしを離さないで』(2010)『華麗なるギャツビー』(2013)などで知られる実力派女優キャリー・マリガンが演じている。

「#MeToo運動」をはじめ、男女平等社会を実現するための動きが活発に推進される現代に呼応するような題材である本作にあたり、フェネル監督は「激しい怒り、特に女性のなかに現れる激しい怒りについてたくさん考えてきた」と語る。そんな本作では、女性を性欲のはけ口としか見ていない男性たちのひどく滑稽な姿が爽快なタッチで描かれているのが印象的だ。

製作を担うのは、女優マーゴット・ロビーが率いる制作会社LuckyChap Entertainment。同社は女性の脚本家を育成するプログラムを創設するなど、ハリウッド業界における女性クリエイターの地位向上に努めている。そんな女性へのエンパワーメントが込められた本作が持つ存在意義は大きいのではないだろうか。

レジーナ・キング『あの夜、マイアミで』

レジーナ・キング Regina King
Photo by Gage Skidmore https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Regina_King_(43074873134).jpg

レジーナ・キングと聞くと、『Ray/レイ』(2004)『ビールストリートの恋人たち』(2018)『ウォッチメン』(2019)など、女優としての印象が強いかもしれない。女優としてのキャリアは、なんと30年以上。演技の世界で経験を十分に積んでから、監督業に足を踏み入れた。

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly