魅惑のスカヨハ、桃井かおりを少女に…『ゴースト・イン・ザ・シェル』ジャパン・プレミア レポート

日本が誇る世界的人気コミック・アニメシリーズ『攻殻機動隊』を原作としたハリウッド映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』のワールド・プレミアが2017年3月16日、東京都内で開催された。同作のプレミア・イベントはこの日本開催が世界初となるが、これはスタジオたっての希望だそうだ。
会場にはスカーレット・ヨハンソン、ビートたけし、ピルー・アスベック、ジュリエット・ビノシュらメインキャストほか、ルパート・サンダース監督に加え、プロデューサーのアヴィ・アラッド、アリ・アラッド、マイケル・コスティガンスティーヴン、ポールほか、日本人出演者として桃井かおり、福島リラ、泉原豊、山本花織も登場。35メートルにも及ぶレッドカーペットには同長のLEDマットが敷かれ、世界初の”電脳LEDレッドカーペット”が完成。日本の雑踏感とサイバー感が織り交ざった世界観を演出していた。

日本でもひときわ人気の高いスカーレット・ヨハンソンが登場すると会場からは大歓声が上がり、観客は身を乗り出してサインやツーショット写真を求めた。また、ビートたけしの堂々たる登場にも興奮の声が目立った。

少佐 / スカーレット・ヨハンソン

©THE RIVER

©THE RIVER

脚元がパンツスタイルとなったコバルトブルーのドレスで登場したスカーレット・ヨハンソンは、ステージ上では「寒くてちょっと震えてます」と語った。

©THE RIVER

©THE RIVER

「この場に立つことができていて、興奮しています。この作品は私たちにとって愛の結晶です。皆様に愛されている作品です。日本でワールド・プレミアが開催できてとても相応しいと思います。こんなにあたたかい歓迎を頂いて素晴らしく思います。とても素敵な祝いの場となりました。ありがとうございます。」

荒巻 / ビートたけし

©THE RIVER

©THE RIVER

「あっ、寒い中みなさん、ご苦労様で御座いました。」飄々とあいさつを始めたたけしは、今作の仕上がりを大絶賛。

「今まで実写版であまり成功したことがないような気がします。しかし今回はかなりのレベルで、実写版の方が凄いんじゃないかというような感じがします。」

たけしは、同日午前に行われた記者会見同様、きわどいジョークで会場を笑わせた。

「私にとっては、本当に感謝感激で、この喜びをキッカケに、幸福の科学の方に戻りたいと思います。」

司会者に「ちょっとちょっと!」と制止されるも、「また本が出ますんで、『そんとき、明かしちゃおう』っていう本が出ます。買ってください」と、清水富美加の暴露本『全部、言っちゃうね。』のパロディを皮肉ったブラックな時事ネタで、さらに一笑いをさらう。

©THE RIVER

©THE RIVER

荒巻を演じてみた感想を尋ねられたたけしは、以下の様に語った。

「漫画で見た荒巻は『きたねぇジジィ』なんでどうしようかと思ったんですけども、監督とメイクさんと相談して、やや恥ずかしくないアタマにして頂いて、どうにか笑われずに済むようになりました。そして私はECCという、コーヒーメーカーじゃないですけども、そういう英語の会社のCMをやったことがあって、英語がベラベラだと思われてるらしいんですけども…。私実は英語がヘタで。日本語でやんなきゃヤダと言ったら、元々原作が日本語なんで、監督にオーケーして頂いて。」

また、「物忘れがひどい時はカンペを持って頂いたんですけども、その相手がスカーレットだったという、歴史に残る快挙をあげたと、こう思っております、ハイ」と語り、スカーレット・ヨハンソンにまさかのカンペ持ちを頼んでいた裏エピソードで観客を驚かせていた。

バトー / ピルー・アスベック

©THE RIVER

©THE RIVER

「とても特別な夜です。今作を誇りに思います。この映画は、原作者の士郎さんと押井さんに観ていただいて、誇りに思って頂ける内容になっていると思います。」

ピルーは、記者会見時同様、多大なファンを持つ原作に敬意を払いながら丁寧に語った。

「バトーを演じられたことは素晴らしいことでした。彼はデカくて、ハートもデカい。僕と同じで、ピザとビールが大好き。たけしさんやスカーレット・ヨハンソン、その他素晴らしいキャストの皆さんとご一緒できて、夢が叶ったような気持ちです。今作と共にここに立てていること、とても幸せです。日本の皆さん、私たちを迎え入れて頂いて本当にありがとうございます。」

オウレイ博士 / ジュリエット・ビノシュ

©THE RIVER

©THE RIVER

8年ぶりの来日となったジュリエットは「久しぶりに日本に戻ってこれて嬉しいです」と感慨深げだ。

「この映画を通じた経験や映画の雰囲気についてなんですが、私が現場で見たものは、たくさんの精神集中と労力でした。それでも、とてもフレンドリーで楽しみがあり、みな感情に没入していました。その感情をハニー(スカーレットのこと)とシェアできて光栄です。」

スカーレットとは”ハニー”と呼ぶ間柄であったようだ。ジュリエットが語っている最中、スカーレットは妙に色っぽい目で彼女を凝視していた。

©THE RIVER

©THE RIVER

「(監督に対して)あなたもね。誘ってくれてありがとう。とてもビューティフルな経験でした。

こんな経験をさせてくださってありがとうございます。みなさんに今作を披露できて嬉しいです。どうぞお楽しみください。」

事あるごとにジュリエットを見つめていたスカーレット。2人の仲睦まじさを知ることができた。

©THE RIVER

©THE RIVER

監督 / ルパード・サンダース

©THE RIVER

©THE RIVER

ロング丈のスーツをなびかせて颯爽と登場したルパート監督。

「日本の皆さん、ありがとうございます。昨年(2016年秋)予告編を日本で披露したときも、素晴らしい反応を頂きました。
ここに立てていられることは、すごく素晴らしいことです。僕たちが作り上げた作品を誇りに思っています。日本には一番最初に来て、一番最初に皆さんにお見せしたいと考えていました。ここ東京の中心で素敵な夜を迎えられて嬉しいです。」

©THE RIVER

©THE RIVER

桃井かおり

©THE RIVER

©THE RIVER

着物姿で登場した桃井かおりは、今作に参加できた喜びを興奮気味に語る。

「現場に行ってみたら、みんなとにかく大変な撮影をしていたんです。監督は役者には見えないようなところがちゃんと見えている方で、清純に映画を撮ってらして。」

また、桃井はスカーレットとの共演を大いに喜んだ。

「私はスカーレットさんと絡んですけど、一緒に芝居をしていると本当に色んな物を与えてくれて…、最高の女優さんなんです。それだけじゃなくて、人間としても女としても本当に超カッコよくて、最高でした。現場に居られるだけで本当に幸せでした。もう、アイラブユー!」

桃井の大絶賛ぶりにすっかり感激したスカーレットは、自ら桃井の元に駆け寄りハグをして見せた。

©THE RIVER

©THE RIVER

ちなみにスカーレットと桃井はイベント終了時も再度ハグをして寄り添いあいながら退場。大女優、桃井かおりがまるで少女のようにスカーレットに魅了される様子が印象的だった。

©THE RIVER

©THE RIVER

©THE RIVER

©THE RIVER

芸者ロボット / 福島リラ

©THE RIVER

©THE RIVER

未来の芸者ロボットを演じた福島リラは「皆さんと今日お祝いができて嬉しく思っています。私キャラクター言っていいって知らなかったんですけど…(笑)」と驚いた様子を見せた。その後、流暢な英語で「スカーレット、ピルー、ルパード、プロデューサーのみなさん、素晴らしいキャストとクルーのみなさん。お陰様で私のキャラクターに命が吹き込まれました。ありがとうございます」とあいさつすると、すかさずビートたけしが「エクザクトリィ(その通り)」と添え、笑いをかっさらっていった。

サイトー / 泉原豊

©THE RIVER

©THE RIVER

泉原豊は、オーストラリアを拠点に活動する日本人俳優で、スタントマン。今作では狙撃手サイトーを演じる。

「『攻殻機動隊』という、日本を代表する漫画、アニメの中に僕の名前が刻まれるというのは本当に光栄です。現場でルパードが語ってくれたビジョンが凄かったですから、皆さんに満足して頂けると思いますし、スカーレット、本当にスゴいですよ…!

で、僕が小さいときから見ていた、たけしさん、桃井さんがおられて。たけしさんのカンペの話、本当です!僕がずーっと見てましたんで。僕たちの間では『日本のマーロン・ブランド』と呼んでました(笑)。」

ストーリーの鍵を握る重要な人物 / 山本花織

©THE RIVER

©THE RIVER

役名こそ明かされなかったが、「ストーリーの鍵を握る重要な人物」として紹介された山本花織は、2000年生まれの若干16歳ながら、初めての映画出演がハリウッド映画、しかもスカーレット・ヨハンソンやビートたけしらとの共演という大抜擢。「この仕事は私にとって初めての経験がたくさんあって、刺激が強くて、全てが思い出です。ありがとうございました」と、緊張で少し声を震わせながら初々しく挨拶した。

©THE RIVER

©THE RIVER

©THE RIVER

©THE RIVER

イベントの最後には、満開の桜模様が映し出されたLEDディスプレイをバックに、花吹雪が吹き荒れる日本らしい演出で、豪華キャストらの来日と映画の歓声を華々しく祝った。

映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』北米では2017年3月31日、日本では2017年4月7日ついに公開。

『ゴースト・イン・ザ・シェル』ジャパン・プレミア

【濃厚レポ】『ゴースト・イン・ザ・シェル』実写は西洋SF✕黒澤クラシック?キャスト、監督が大いに語った来日記者会見

ゴースト・イン・ザ・シェル:(C)MMXVI Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co. All rights Reserved.
Photo:©THE RIVER

About the author

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。