Menu
(0)

Search

『ゴーストバスターズ』ウィンストン役が撮影前夜に直面したトラブルとは? ─ 「すごくショックだった」

アーニー・ハドソン
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/38386490301/

1984年公開の映画ゴーストバスターズ』では、撮影開始直前に脚本の見直しが行われ、これに伴ってメインキャストの1人がトラブルに直面していた。2019年のドキュメンタリー作品『Cleanin’ Up the Town: Remembering Ghostbusters』では、本人が当時の様子を振り返っている。

突然のトラブルに見舞われていたのは、4人組「ゴーストバスターズ」のメンバーであるウィンストン・ゼドモアを演じたアーニー・ハドソン。ウィンストンはゴーストバスターズに一番最後に加入したメンバーだった。ハドソンによると、本編開始40分あたりで初登場したウィンストンは元々は序盤に登場する予定だったという。ハドソンは振り返る。

「誰だったか、脚本を届けてくれました。撮影開始の前夜とかでしたね。僕が泊まっていたホテルに届けてくれて。あのキャラクター、本当は(脚本の)6ページ目くらいで登場する予定だったんですよ。でも68ページ目になってしまって。これを受け入れるのはすごくキツかったです。そのあとはたくさん格闘しました。すごくショックでしたよ。だって、3週間もリハーサルをしたんですから。

6ページ目というから、本来であればウィンストンは本編開始10分以内にも登場する予定だったのだろう。この突然の変更の知らせを受け取った翌朝、撮影現場に足を運んだハドソンは、現場のスタッフから映画に出ていることを認識されていなかったといい、アイヴァン・ライトマン監督に事情を話しに行こうとしたという。

しかしハドソンいわく、スタッフは「僕が関わっていることを知らなかったから、(現場に)入れてくれなかった」のだとか。この出来事について、ハドソンは当時を振り返り、「少しストレスを抱えながらのスタートでした。なんとか上手くいきましたけどね」と笑いながら語った。

あわせて読みたい

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly