Menu
(0)

Search

ライアン・レイノルズ編集の『グリーン・ランタン』30秒版、そろそろ怒られないか心配

『名探偵ピカチュウ』ジャパンプレミア
©THE RIVER

ライアン・レイノルズがまたやった。主演を務めたDC映画グリーン・ランタン(2011)の「レイノルズ・カット」と称し、SNSにて27秒間の映像を公開したのである。

これは言わずもがな、『ジャスティス・リーグ』(2017)のザック・スナイダー監督による初期構想版「スナイダー・カット」が実現することや、『スーサイド・スクワッド』(2016)のデヴィッド・エアー監督による編集版「エアー・カット」を求める声があることを踏まえたパロディ映像だ。ライアンのエスカレートしていく悪ふざけ、今回もめちゃくちゃである。

この投稿をInstagramで見る

Here’s the secret Reynolds Cut of GL you all haven’t been waiting for. In order to make it as great as possible we made some difficult and judicious cuts.

Ryan Reynolds(@vancityreynolds)がシェアした投稿 –

「こちらが誰も求めていない『グリーン・ランタン』のレイノルズ・カットです。可能なかぎり素晴らしいものに仕上げるため、困難かつ懸命な判断をいくつも下しました」。今回の動画には『グリーン・ランタン』だけでなく、『デッドプール2』(2018)や『ジャスティス・リーグ』の劇場公開版、さらには『トップガン』シリーズや、ライアンの顔をトム・クルーズに差し替えたディープフェイク映像まで使用された。これは2018年、トムが『グリーン・ランタン』の新作映画に出演するという噂があったことを踏まえたものだ。そろそろ怒られないか心配。

ちなみにこの動画が投稿される直前、ライアンは『ジャスティス・リーグ』のスナイダー・カット版、ドウェイン・ジョンソン主演『ブラックアダム(原題:Black Adam)』にまつわる噂にも言及していた。『ブラックアダム』にはヒーローチーム「ジャスティス・ソサエティ・オブ・アメリカ」が登場するのだが、その一員であるホークマンをライアンが演じるとの声があったのだ。もっとも今回、ライアンはこれを否定している。

「僕は『ブラックアダム』のホークマン役ではありません。ザ・ロック(ドウェイン)がやってほしいと言うことは大体やるんだけどね。だけどザック・スナイダーの『ジャスティス・リーグ』には出たいと思ってます。もう出てるかもって話も聞いてるし。」

これに対して、名前を出されたドウェイン・ジョンソンが反応。「君はホークマンだ、そういうことになった」と記し、さらにたたみかけた。「君はデッドプールだし、グリーン・ランタンでもあるし(君が権利を持ってるんだから、やりたい時にどうぞ)、ザック・スナイダーの『ジャスティス・リーグ』にも出てるし、ケヴィン・ハートの父親でもある。実際の血液検査どおりだよ」。もちろん、ことごとくジョークである。

あわせて読みたい

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。劇場用プログラムや各種媒体への寄稿なども喜んで承りますので、お気軽にお尋ねください。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly