Menu
(0)

Search

『ミスター・ガラス』あなたは「物語」を信じられるか? ─ M・ナイト・シャマランは観客に問い続ける

ミスター・ガラス
©Universal Pictures All rights reserved.

 「夢を信じよう」「自分を愛そう」。

こんな言葉を聞くたび、失笑してしまう人は多いのではないか?夢を信じることも、自分を愛することも批判されるような行為ではないにもかかわらず。どうして、純粋すぎる言葉が人々から軽蔑や反感を集めてしまうのかというと、それらがあまりにも世に氾濫しすぎているからだろう。映像も音楽も出版物も、簡単に夢だの希望だの愛だのを謳い続けてきた。しかも、その9割は完全なるコマーシャリズムの産物だ。「フェイク」というやつである。その結果、何らかの表現と熱心に向き合おうとするファンほど、純粋に聞こえる言葉には猜疑の目を向けるようになってしまった。

自覚的なクリエイターも同様である。彼らが自作でストレートなテーマを取り上げたがらないのは、商業性を優先して平気で大衆を騙す連中と一緒にされたくないためだ。そして、才人たちの表現はどんどん先鋭化し、露悪的になることすら珍しくない。そんな中、M・ナイト・シャマランだけはハリウッドという巨大産業で孤高の戦いを繰り広げている。ミスター・ガラス(2018)を見てみよう。シャマランは、この時代に「夢を信じて自分を愛そう」という、何の不純物もないメッセージを発信しているクリエイターなのだ。

この記事には、『ミスター・ガラス』『アンブレイカブル』『スプリット』に関する重大なネタバレが含まれています。

「どんでん返し」はシャマランの本質にあらず

シャマランは「変」「トンデモ」といった評価を受けやすい映画作家である。『シックス・センス』(1999)の大ヒット後、しばらくは好意的だった観客も『レディ・イン・ザ・ウォーター』(2006)『ハプニング』(2008)には容赦なく罵声を浴びせた。そして、『ヴィジット』(2015)あたりから才能が復活したというのが一般論ではないだろうか。

しかし、シャマランの作家性自体はキャリア中、寸分たりとも変わったことがない。ありとあらゆるジャンルのクリエイターで、ここまで自分を貫いてきた人は稀である。シャマランは常に「信念」についての映画を撮り続けてきた。何の信念?もちろん、「物語」をつむぐことに対して、だ。

よく『シックス・センス』や『サイン』(2002)、『ヴィレッジ』(2004)などについて「ラストのどんでん返しが衝撃的」との言説を見かける。ただ、筆者は映画におけるどんでん返しが完成度を左右することはないと思う(念のため、必ずしもどんでん返しで作品が貶められるとも思っていない。優れた映画の条件と、意外なオチは無関係ということだ)。これらの作品では、クライマックスにいたるまでのプロットすべてが、登場人物の信念ひとつに影響されていたという点にこそ真の意味があった。そして、その信念はシャマランがストーリーテラーとして常に抱いているものと同じである。それが正しいとか、間違っているとかいうことではない。ひとつの物語を信じきることで、自分の世界は変わるのだ。

M・ナイト・シャマラン Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/28769151787/

デヴィッドやケビン、イライジャは凡人なのか?

『ミスター・ガラス』のワンシーンを引用しよう。拘束されたデヴィッド(ブルース・ウィリス)、ケビン「たち」(ジェームズ・マカヴォイ)、イライジャ(サミュエル・L・ジャクソン)は精神病院の一室に集められている。3人は自らが超人的な能力を持っている人間だと信じていた。彼らと対話するのは女医のエリー(サラ・ポールソン)だ。エリーは理論的かつ残酷に、3人の能力についての反証を挙げていく。彼女は「超人などこの世にいない。お前たちが抱いているのは妄想だ」と3人を論破しようとしていた。彼らの活躍は、シャマランの過去作、『アンブレイカブル』(2000)や『スプリット』(2016)でも明らかにされているのに。

このシーンで、『ミスター・ガラス』(と『アンブレイカブル』と『スプリット』)は奇妙な反転を見せる。良心的な男であるデヴィッドはともかく、これまでヴィランの立ち位置だったケビンとイライジャすら、作中で迫害される側にまわるのだ。当たり前のようにデヴィッドやケビンの能力を受け入れてきた観客すら、エリーの話術にはまっていく。確かに、彼らは「ちょっと運が良く力持ちの凡人」にすぎないのではないかと疑うようになる。

Writer

石塚 就一
石塚 就一就一 石塚

京都在住、農業兼映画ライター。他、映画芸術誌、SPOTTED701誌などで執筆経験アリ。京都で映画のイベントに関わりつつ、執筆業と京野菜作りに勤しんでいます。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly