Menu
(0)

Search

M・ナイト・シャマラン、『ミスター・ガラス』公開に感慨 ─ 「キャリアの一章が幕を閉じるよう」

ミスター・ガラス
©Universal Pictures All rights reserved.

最新作『ミスター・ガラス』の劇場公開を直前に控えたM・ナイト・シャマラン監督が、Twitterにて自身の心境を明かした。

『シックス・センス』(1999)などで知られるシャマラン監督にとって、『ミスター・ガラス』は代表作『アンブレイカブル』(2000)と『スプリット』(2017)をクロスオーバーさせるという自身初の試みとなる。ブルース・ウィリス、サミュエル・L・ジャクソン、ジェームズ・マカヴォイの競演によって展開するスーパーヒーロー・スリラーの登場は、監督にとって早くも感慨深い経験となりつつあるようだ。

2019年1月11日(米国時間)、監督は公開1週間前の思いをわずかに綴っている。

「『ミスター・ガラス』の公開まで1週間、本当にたくさんの思いでいっぱいです。(故郷の)フィラデルフィアにちょうど帰ってきて、我が家にいることをとてもうれしく思います。この3部作が完結することは、僕のキャリアの一章が幕を閉じることのように感じています。みなさんに物語をお伝えすることに僕がどれほど感謝しているか、言葉にはできません。」

ヒーロー映画が現在ほどの人気を得る以前に製作された『アンブレイカブル』のあと、シャマラン監督はさまざまな作品に挑み、その後『スプリット』を製作。ついにお披露目となる『ミスター・ガラス』は、少なく見積もっても構想約20年の映画なのだ。ここからシャマラン監督の作品がどのように変化していくのか、未来を占うためにも重要な一本といっていいだろう。

なお『ミスター・ガラス』は、米国公開後4日間で興行収入7,000~7,500万ドルという大ヒットが予測されている。同日公開となる日本でも、ぜひ大ヒットとなることを祈りたい。

『ミスター・ガラス』

3人の特殊な能力を持つ男が集められ“禁断の研究”が開始された。不死身の肉体と悪を感知する力を持つデヴィッド、24もの人格を持つ多重人格者ケヴィン、そして、非凡なIQと生涯で94回骨折した壊れやすい肉体を持つミスター・ガラス。精神科医のステイプルは、すべてが彼らの妄想であることを証明しようとする。彼らは人間を超える存在なのか?最後に明らかになる“驚愕の結末”とは……。

出演者には『アンブレイカブル』よりデヴィッド・ダン役のブルース・ウィリス、ミスター・ガラス役のサミュエル・L・ジャクソン、『スプリット』より24の人格を持つ“ケヴィン”役のジェームズ・マカヴォイが続投。精神科医ステープル役は『オーシャンズ8』(2018)のサラ・ポールソンが演じる。

映画『ミスター・ガラス』は2019年1月18日(金)より全国ロードショー

『ミスター・ガラス』公式サイト:http://Movies.co.jp/mr-glass

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly