『アンブレイカブル』『スプリット』続編映画『グラス』予告編の予告編、第3弾は“Mr.グラス”サミュエル・L・ジャクソンが登場

鬼才M・ナイト・シャマラン監督が、自身の過去作品『アンブレイカブル』(2000)と『スプリット』(2017)をクロスオーバーさせる最新作『グラス(邦題未定、原題:Glass)』の米国版予告編が2018年7月20日(米国時間)に公開される。ポップカルチャーの祭典「San Diego Comic Con 2018」でのお披露目前日となる7月19日、最後の「予告編の予告編」が公開された。

いうなれば“シャマラン・ユニバース”の集大成ともいうべき映画『グラス』には、『アンブレイカブル』のブルース・ウィリス&サミュエル・L・ジャクソン、『スプリット』のジェームズ・マカヴォイが出演。それぞれが以前と同じ役柄で夢の共演を果たす。先日公開された「予告編の予告編」第1弾はマカヴォイ演じる23の人格を宿す男ケビンに、つづく第2弾はウィリス演じる不死身の肉体を持つ男デヴィッド・ダンにフォーカスを当てたものだった。

このたび登場した第3弾には、ジャクソン演じるコミックの画商イライジャ・プライスが登場。骨形成不全症を患い、デヴィッドとは対極の脆い身体を持つデヴィッドの別名は「Mr.Glass(Mr.グラス)」。映画のタイトルロールとあって、本編のカギを握るキャラクターであることは間違いない。あるいは“トリックスター”と呼んでもいいだろうか……。

わずか15秒という短い映像の中では、イライジャの「僕はコミックの専門家だ。とんでもないものを作ってやる…僕たちの能力を世界に示す時だ」というセリフが聞こえてくる。仮に本作のヒーローがデヴィッドで、ヴィランがケビンなのだとすれば、そこでイライジャが担っている役割とはいったい? まもなく到着する米国版予告編で、そのヒントがつかめることに期待しよう。

 

『グラス』にはウィリス&ジャクソン&マカヴォイのほか、『スプリット』で女子高生ケイシー役を演じたアニャ・テイラー=ジョイ、『アンブレイカブル』でウィリス演じる主人公デヴィッド・ダンの息子ジョセフ役を務めたスペンサー・トリート・クラーク、同作でジャクソン演じるイライジャ・プライスの母親役を務めたシャーレイン・ウッダードが再登場する。
新キャストとして精神科医役を演じるのは、ドラマ「アメリカン・ホラー・ストーリー」(2011-)や「アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件」(2016)、映画『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』(2017)のサラ・ポールソンだ。

映画『グラス(邦題未定、原題:Glass)』は2019年1月18日に米国公開予定

M・ナイト・シャマラン最新作『グラス』より「予告編の予告編」公開! 『スプリット』ジェームズ・マカヴォイに焦点

『アンブレイカブル』『スプリット』続編映画『グラス』予告編の予告編、第2弾が到着 ― ブルース・ウィリス演じるデヴィッドが登場

Source: Universal Pictures
Eyecatch Image: YouTube 動画サムネイル

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。