『アンブレイカブル』『スプリット』続編映画『グラス』予告編の予告編、第2弾が到着 ― ブルース・ウィリス演じるデヴィッドが登場

『シックス・センス』(1999)や『ヴィジット』(2015)などで知られる鬼才、M・ナイト・シャマラン監督の最新作『グラス(邦題未定、原題:Glass)』の米国版予告編が2018年7月20日(米国時間)に公開される。ポップカルチャーの祭典「San Diego Comic Con 2018」でのお披露目に先行して、このたび「予告編の予告編」第2弾が公開された。

映画『グラス』は、シャマラン監督が手がけた、ブルース・ウィリス&サミュエル・L・ジャクソン出演『アンブレイカブル』(2000)、ジェームズ・マカヴォイ出演『スプリット』(2016)両作の続編にしてクロスオーバー企画。ウィリス、ジャクソン、マカヴォイの3人が以前の役柄でそろって再登場することでも話題を呼んでいる。


2018年7月17日(米国時間)に公開された「予告編の予告編」第1弾は、『スプリット』でマカヴォイが演じた23の人格を宿す男ケビンに焦点を当てたものだった。つづく第2弾となる本映像のタイトルは「デヴィッド・ダン(David Dunn)」。『アンブレイカブル』でウィリスが演じた平凡な警備員、しかし不死身の肉体と他者の意識を読み取る能力の持ち主だ。なお今回の映像には、同作でジャクソンが演じた骨形成不全症の画商イライジャ・プライスの現在の姿も登場している。

『アンブレイカブル』はスリラー映画でありながら、大のコミックファンであるシャマランが自身の解釈で送り出した、いわば“シャマラン流ヒーロー映画”。現在のヒーロー映画隆盛につながるきっかけとなった『X-メン』と同年の2000年に公開されたが、当時は残念ながらヒーロー映画として本作を評価する目線は少なかった。『グラス』をきっかけに、本作にも再評価の波がやってくるだろうか?

なお『グラス』の米国版予告編公開に先がけて、明日にはイライジャ・プライスをフィーチャーした「予告編の予告編」第3弾が到着するものと思われる。このカウントダウン、存分に楽しむことにしよう!

 

『グラス』にはウィリス&ジャクソン&マカヴォイのほか、『スプリット』で女子高生ケイシー役を演じたアニャ・テイラー=ジョイ、『アンブレイカブル』でウィリス演じる主人公デヴィッド・ダンの息子ジョセフ役を務めたスペンサー・トリート・クラーク、同作でジャクソン演じるイライジャ・プライスの母親役を務めたシャーレイン・ウッダードが再登場する。
新キャストとして精神科医役を演じるのは、ドラマ「アメリカン・ホラー・ストーリー」(2011-)や「アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件」(2016)、映画『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』(2017)のサラ・ポールソンだ。

映画『グラス(邦題未定、原題:Glass)』は2019年1月18日に米国公開予定

M・ナイト・シャマラン最新作『グラス』より「予告編の予告編」公開! 『スプリット』ジェームズ・マカヴォイに焦点

Source: Universal Pictures
Eyecatch Image: YouTube 動画サムネイル

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。