Menu
(0)

Search

『ゴッド・オブ・ウォー』映画化企画が頓挫 ─ ソニーはゲーム映像化企画を10本準備中

『ゴッド・オブ・ウォー』
『ゴッド・オブ・ウォー』(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)

ゲームゴッド・オブ・ウォー』シリーズの映画版がかねてから計画されていたが、どうやら企画はすでに頓挫しているようだ。

『ゴッド・オブ・ウォー』シリーズは、ギリシャ神話の世界を舞台に、神々や怪物と戦うアクションアドベンチャー。2005年に発売された1作目『ゴッド・オブ・ウォー』をはじめ、複数の作品がこれまで製作されてきた。圧倒的な映像美と壮大かつ壮絶な物語を誇る本シリーズは、名実共に名作と称されている。2018年には、登場人物や物語を継承しながら舞台を一新した『ゴッド・オブ・ウォー』がリリースされて、その続編の発売が2021年に予定されている。

本作の映画化企画がはじめて発表されたのは遡ること16年前。そこから大きな進展は起きなかったが、2012年には、『13デイズ』(2000)『ウルフマン』(2010)のデヴィッド・セルフによる草案を基に、『ソウ』シリーズのパトリック・メルトン&マーカス・ダンスタンが脚本を再構築することが伝えられている。ようやく企画が前進すると思われたが、その後も企画の進捗が聞こえてくることはなかった。

そして初報から16年の時を経て、『ゴッド・オブ・ウォー』映画版の企画頓挫が明るみになったのだ。米The New York Timesにて、ソニーの広報担当者は本作の映画化企画の噂を否定し、現在企画が進行していないことを伝えている。頓挫の理由については言及されていないが、ゲームのストーリーのスケールがさらに拡大したことや、未だ完結に至っていないことが要因となっているのかもしれない。

残念ながら、クレイトスの冒険を映画で観ることは出来なさそうだが、The New York Timesによるとソニー・ピクチャーズは、ゲームを原作とした映像化企画を、10作品も準備中であるとのことだ。この中には、トム・ホランド&マーク・ウォールバーグによる『アンチャーテッド』や、『Ghost of Tsushima』映画版、『バイオハザード』リブート映画版、『The Last of Us』ドラマ版などが含まれている。

あわせて読みたい

Source: The New York Times , The Hollywood Reporter

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly